鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

読書録

ピックアップされてる映画はホボホボ観てる僕はどっぷり<欲望>まみれ?w:読書感想文「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」

・世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ70-90s「超大国」の憂鬱 編者:丸山俊一 NHK「世界サブカルチャー史」制作班 出版:祥伝社 この番組、知人がFBで紹介してるのを見て、NHKオンデマンドをチェックしたんですが、今のところオンデマンドの対象にな…

加賀に本多家があるのは知ってましたが、正信の系譜と言うことは迂闊にも知りませんでした:読書録「百万石の留守居役 波乱・思惑」

・百万石の留守居役 <波乱><思惑> 著者:上田秀人 出版:講談社文庫 「勘定侍」シリーズを母と僕は楽しんでるんですが、執筆中のシリーズなので、ナカナカ次が出ない。 80過ぎの母が楽しみにしているようなので、上田さんの既に完結しているシリーズを母…

「頂上の雑談」とはよく言ったものw:読書録「考えて生きる」

・考えて生きる 合理性と好奇心を併せもつ 著者:成毛眞、ひろゆき(西村博之) 出版:集英社(Kindle版) 週刊プレイボーイの連載をまとめたもの。 ひろゆきさんのプレイボーイの対談と言えばホリエモンとの対談が名物でしたが、「餃子事件」で袂を分かっち…

読み応え、見応えのある作品。こういう作品が出来ちゃうことに、ちょっとした寂しさも感じたりするけど:読書録「細野晴臣と彼らの時代」、映画評「NO SMOKING」

・細野晴臣と彼らの時代 著者:門間雄介 出版:文芸春秋(Kindle版) 山下達郎のニューアルバム発売・BRUTUS特集、吉田拓郎の引退、坂本龍一のガン闘病etc…みたいな流れがあって、以前からちょっと気になってた細野さんの伝記本&ドキュメンタリーを日曜日に…

結局哲学に関しては「入門書」止まりだったなぁ:読書録「現代思想入門」

・現代思想入門 著者:千葉雅也 出版:講談社現代新書(Kindle) 「現代思想」の代表として、デリタ、ドゥルーズ、フーコーを位置付けて、その思想と意義について論じるとともに、その源流となる思想(ニーチェ、フロイト、マルクス)やバックボーンとなる精…

「われらはレギオン」ほどのぶっ飛び具合はないです。:読書録「シンギュラリティ・トラップ」

・シンギュラリティ・トラップ 著者:デニス・E・テイラー 訳:金子浩 出版:ハヤカワ文庫(Kindle版) 「われらはレギオン」シリーズの作者による、ノン・シリーズ作品。 シリーズの第4部を読んで、改めて面白かったんで、単独作品の方も読んでみました。 …

デジタル庁でのご活躍には期待したいです:読書録「テクノロジーが予測する未来」

・テクノロジーが予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる 著者:伊藤穰一 出版:SB新書(Kindle版) 「web3」については、どっかのタイミングで勉強せんとな〜と思ってたところに、伊藤穣一さんの新書が出たので、読んでみました。 他にもうチ…

割と派手な展開でした:読書録「石礫 機捜235」

・石礫 機捜235 著者:今野敏 出版:光文社 「機捜235」シリーズ、第2作。 1作目は連作短編でしたが、こちらは長編。 締まった連作短編シリーズが長編になった場合、短編を間伸びしたような「薄味」になっちゃう時がありますがw、本作については緊張感をうま…

物語が広がっていきそうな展開。:読書録「勘定侍 五 奔走」

・勘定侍・柳生真剣勝負<五> 奔走 著者:上田秀人 出版:小学館時代小説文庫 面白いんだけど、一巻ごとの展開があまり早くないので、「少しまとまってから読もうかな〜」と思ってたんですが、実家の母が「早く続きを送れ」とセッツクので、やむなくw読みま…

紹介本エッセイ…じゃなくて、かなりガチ本でしたw。:読書録「新しい声を聞くぼくたち」

・新しい声を聞くぼくたち 著者:河野真太郎 出版:講談社 ジェーン・スーさんと堀井美香さんのPodcast「Over The Sun」は毎週夫婦で楽しみに聴かせてもらっています。 「オバサン」を模した題名にあるように、40代・50代の女性向けの番組で、「オバさん」と…

司馬遼太郎の反論を聞いてみたいな:読書録「戦国武将、虚像と実像」

・戦国武将、虚像と実像 著者:呉座勇一 出版:角川新書(Kindle版) 本業以外でも、何かと色々大変そうな呉座さんの新作。 まあ、チョロっとその「場外戦」の気配を感じるところはないこともないけどw、基本的にはご本職に沿った内容になっています。 本書…

今野敏、新シリーズ。…またしてもw:読書録「機捜235」

・機捜235 著者:今野敏 出版:光文社文庫 大活躍の今野敏さんの、またもや「新シリーズ」。 とにかく打率は安定しているので、安心感はあるんですが、既存のシリーズ(個人的には特に「隠蔽捜査」)の進み具合に影響が出ないか、ちょっと心配も。 まあ、冨…

カモノハシの大冒険譚&楽園の崩壊:読書録「われらはレギオン4 驚異のシリンダー世界」

・われらはレギオン4 驚異のシリンダー世界<上・下> 著者:デニス・E・テイラー 訳:金子浩 出版:ハヤカワ文庫(Kindle版) 「3」で人類救済に成功して、宇宙開拓に飛び出していったボブたち。 「3部作で終了」 …と思ってたら、「好評にお応えして」続編…

後ろめたさを抱えつつ、興味深く読ませていただきました。:読書録「政治学者、PTA会長になる」

・政治学者、PTA会長になる 著者:岡田憲治 出版:毎日新聞出版(Kindle版) 「なぜリベラルは敗け続けるのか」の岡田憲治さんが、公立小学校のPTA会長を3年間務めた経験をまとめられた本。 「こんなPTA活動、おかしいやん!」 と義憤に駆られて飛び込んだも…

高度に組織化された「隣組」?:読書録「中国共産党 世界最強の組織」

・中国共産党 世界最強の組織 1億党員の入党・教育から活動まで 著者:西村晋 出版:星海社新書(Kindle版) 「中国共産党」の組織の構成や機能について解説した本。 …と言っても、国家主席や党中央といった上部組織ではなく、地域コミュニティや職場内での…

エピローグで持って行かれます。:読書録「砂まみれの名将」

・砂まみれの名将 野村克也の1140日 著者:加藤弘士 出版:新潮社(Kindle版) 野村克也が、野村沙知代の脱税事件で阪神の監督を辞任したのち、楽天の監督として復帰するまでの間。 社会人野球チーム「シダックス」の監督として采配を振るっていた3年弱を追…

なんか、モヤモヤする…:読書録「映画を早送りで観る人たち」

・映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレーコンテンツ消費の現在形 著者:稲田豊史 出版:光文社新書(Kindle版) 僕は1.5倍速試聴もするし、10秒・15秒飛ばしもするし、連続ドラマの飛ばし見もするし、ネタバレサイトも読みますw。(ファスト映…

ドメなおじさんが読んでも興味深い:読書録「ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた」

・ロンドンならすぐに恋人ができると思っていた 著者:鈴木綾 出版:幻冬舎 日本人じゃない30代の女性が、日本に留学し、6年間東京で働いたのち、渡英。グローバル企業に勤務しつつ、ロンドンで生活している日常のあれこれや、思うことなんかを記したエッセ…

個人的には第一作に次ぐ面白さでした:読書録「マスカレード・ゲーム」

・マスカレード・ゲーム 著者:東野圭吾 出版:集英社 「グランド・ホテル」形式でホテルを舞台にしたミステリーに仕立てた第一作(マスカレード・ホテル) 前日譚の第二作(マスカレード・イブ)。 第一作に続いて映画化された第三作(マスカレード・ナイト…

「撤退戦」というより、「資源配分の見直し」といった方がいいように思ってます:読書録「2025年日本経済再生戦略」「撤退論」

・2025年日本経済再生戦略 国にも組織にも頼らない力が日本を救う 著者:成毛眞、冨山和彦 出版:SB新書(Kindle版) ・撤退論 歴史のパラダイム転換にむけて 著者:内田樹、堀田新五郎、斎藤幸平、白井聡、中田考、岩田健太郎、青木真兵、後藤正文、想田和…

予想とは違う展開でした:読書録「幸村を討て」

・幸村を討て 著者:今村翔吾 出版:中央公論新社(Kindle版) 最初は直木賞を受賞した「塞王の盾」を読むつもりだったんですけどね。 ただ何か話が地味そうな感じがしたのでw、際になってこっちに切り替えちゃいました。 大阪の陣での真田幸村の謀略・知略…

「オデッセイ」+「インターステラー」+「ET」and more…:読書録「プロジェクト・ヘイル・メアリー」

・プロジェクト・ヘイル・メアリー<上・下> 著者:アンディ・ウィアー 訳:小野田和子 出版:ハヤカワ文庫(Kindle版) 処女作(火星の人)を映画化した「オデッセイ」は無茶苦茶面白かったです。 あんまり面白かったんで、原作はスルーしたくらいw。 で、…

想定してるコンテンツに「世代差」を感じますw:読書録「新しい教養としてのポップカルチャー」

・新しい教養としてのポップカルチャー マンガ、アニメ、ゲーム講義 著者:内藤理恵子 出版:日本実業出版社 僕自身は「ポップカルチャー(サブカルチャー)」には一定の理解がある人間だと思っています。 ただまあ、サラリーマン生活も後半になると、ナカナ…

ヒロインふたりの掛け合いが楽しい:読書録「ロンドン謎解き結婚相談所」

・ロンドン謎解き結婚相談所 著者:アリソン・モントクレア 訳:山田久美子 出版:創元推理文庫(Kindle版) 書店頭で見かけ、ちょっと気になってたのを、GWに持ち歩いて読む本を探していて思い出して購入。 「持ち歩く」って言っても、KindleにDLして、だけ…

…と言うわけで、「今」につながりましたw:読書録「文化系のためのヒップホップ入門3」

・文化系のためのヒップホップ入門3 著者:長谷川町蔵、大和田俊之 出版:アルテスパブリッシング(Kindle版) 「3」では2016、2017、2018年のヒップホップの流れをフォロー。 併せて「有光道生」さんが「オバマ政権」におけるヒップホップについて解説し…

ジャズとヒップホップの関係性について:読書録「文化系のためのヒップホップ入門2」

・文化系のためのヒップホップ入門2 著者:長谷川町蔵、大和田俊之 出版:アルテスパブリッシング(Kindle版) 2011年までのヒップホップの歴史をフォローした「1」に続いて、2012年〜2014年のヒップホップシーンを年毎に振り返った第2作。 すでに出版され…

だいぶモヤモヤが晴れた感じはします。(好きになれるかどうかは別w):読書録「文化系のためのヒップホップ入門」

・文化系のためのヒップホップ入門 著者:長谷川町蔵、大和田俊之 出版:アルテスパブリッシング(Kindle版) ストリーミングをメインで使うようになって、それはそれで音楽の楽しみ方が広がったなぁって気持ちはあるんですが、一方でちょっとした疑問も。 …

「多様な教育」を選択することに社会は耐えられるのだろうか?:読書録「子供が面白がる学校を創る」

・子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島教育長の公立校改革 著者:上阪徹 出版:日経BP 我が家の子供たちは、もう高校生になっていて、それぞれ「私立」に通ってますから、「公立校改革」には直接の関係はないんですが…。 ただまあ、小学校は二人とも…

時々、振り切られちゃうとこもあるけどw:読書録「アメリカ音楽の新しい地図」

・アメリカ音楽の新しい地図 著者:大和田俊之 出版:筑摩書房 「アメリカ音楽史」の大和田俊之さんの新著。 「アメリカ音楽史」が体系立って<アメリカ音楽>をフォローする著作だったのに対して、本作は連載をベースに、時事的な視点から<アメリカ音楽>…

一気に読んじゃいました:読書録「2050年のジャーナリスト」

・2050年のジャーナリスト 著者:下山進 出版:毎日新聞出版 無茶苦茶面白かった「2050年のメディア」の続編…と言うか、補完と言うか。 作者自身は「燃えよ剣」に対する「新撰組血風録」…って説明されてますw。 <2019年の 12月に当時サンデー毎日の編集…