鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

「神奈川編」の第1章って感じかな?:読書録「隠蔽捜査9 探花」

・隠蔽捜査9  探花

著者:今野敏

出版:新潮社

f:id:aso4045:20220119085837j:image


神奈川県警の刑事部長に竜崎が転任して2作目になりますが、転任早々の<お目見え>で派手目だった前作の事件に比べ、本作は割と地味な感じ(殺人事件で地味ってのも何ですが)。

米軍との関係、海を考慮した捜査、東京や近県との関係等、「神奈川」を舞台にした事件捜査の特徴みたいなのをさらった(それを竜崎が学ぶという構図)って位置付けでしょうか。

米軍の特別捜査官が捜査に参加したり、入庁試験で同期トップだった赴任してきたり…と、設定には「おっ」と思わせるところがあるんですが、割とサラッと話は進んだりしますw。

そこら辺は、次作以降への「種蒔き」かもしれませんがね。

 


竜崎は相変わらず竜崎。

自分なりの「合理性」と「正義」を貫いていきます。

自分達の思惑で動く人間が、それに振り回されて、最後に「ザマァ」ってのがこのシリーズの読みどころでもあるんですが、だいぶ周りも(読む側も)それが分かってきててw、ちょっと爽快感が少なめ…かな。本作は。

同期トップなんかはハマってくれるんですがw。

 


「現場」に近いところにいて、「現場」の人間の信頼を勝ち取っていく。

 


そういう構図が「神奈川編」でも展開していくようですが、個人的にはもうちょっと「警察官僚」としての<闘い>みたいなものを見せてほしいな〜とも。

1作目にはそういう雰囲気もありましたしね。

「事件を解決していく」ってのも、それはそれで楽しませてはくれるんですけど。

 

 

 

#読書感想文

#隠蔽捜査

#探花

#今野敏

 

「事件」よりも、主人公二人の関係性の方がスリリング:読書録「天使と嘘」

・天使と嘘<上・下>

著者:マイケル・ロボサム 訳:越前敏弥

出版:ハヤカワ・ミステリ文庫(Kindle版)

f:id:aso4045:20220117165659j:image


上下巻の長編なんですが、読み始めたら、スルスル〜っとラストまで行ってしまいます。

…かといって、アクションとか、ドンデン返しの連続…って話でもないんですけどね。

 


<アイススケートで将来有望であった少女が殺される。

明るく、みんなに愛される少女であったと思われる彼女には、実は別の顔があって…>

 


扱われる事件はこんな感じなんですが、ミステリーとしては「ありがち」といえば「ありがち」。

で、その事件そのものは(多少の広がりはあるものの)<連続殺人事件>になるわけでもなく、ヒネリはあるものの、個人的にはそこまで意外性があるとは言えない決着になります。

 


じゃあ、なんでそんな話が上下巻になってて、しかも読むものをここまで引き込むのか。

 


それは一にも二にも「キャラクター」。

主人公二人のキャラクター造形と、その関係性にあります。

 


かつて自分の兄に両親と妹たちを惨殺された臨床心理士

誘拐され、虐待された過去を持ち、相手の嘘を見抜く異能力を持つ少女

 


この二人が出会い、お互いに「過去」を抱えながら、互いを認め合うようになり、「居場所」を見つけるようになる。

「事件」そのものの展開よりも、こっちの方がスリリングなんです。

二人の過去の方が「事件」よりも陰惨で異常ですし。

設定だけだと、少女の方は「ミレニアム」シリーズのリズベットを思い出させますが、本書のヒロイン(イーヴィ)は、リズベットの「強さ」を感じさせながらも、年齢以上の幼さを感じさせる「弱さ」を抱えています。

そのアンバランスさを、どうやって臨床心理士である主人公が受け入れていくか。

…物語の本筋はそっちの方かもしれません。

 


二人の間に「絆」が結ばれたところでこの物語は閉じられますが、少女の「過去」は、まだ「謎」に包まれたまま。

そちらの方は「続編」で…。

って、いやぁ、早く読ませてください!

 

 

 

#読書感想文

#天使と嘘

#マイケル_ロボサム

 

「新しい産業」として捉えるべき分野と思ってます:読書録「グリーン・ジャイアント」

・グリーン・ジャイアント 脱炭素ビジネスが世界経済を動かす

著者:森川潤

出版:文春新書(Kindle版)

f:id:aso4045:20220114163115j:image


ここに来て「カーボンユートラル」がアッチャコッチャで声高に唱えられるようになって、

「それは分かるんだけど、ビジネスとしてはそれがどう言う風になるのやら…」

と思い、手に取った作品。

 


「カーボンニュートラル」の流れや、再生エネルギーを扱う「グリーン・ジャイアント」と呼ばれる企業の概要、気候変動と投資マネーの関連、EVの動き、原発も含めた環境がらみのイノベーションの現状と見通し、米国における政治勢力との関連性、日本の可能性

…等々、知りたいところは比較的カバーしてくれる内容でした。

端的に言えば

「日本の動きだけを見てると、世界の動きとのギャプを見落とすかもよ」

ってとこっでしょうか。

その一番の要因が「東日本大震災(福島原発事故)」ってのは個人的にも実感があります。

 


<福島原発事故という世界エネルギー史上に残る悲惨な事故を受け、日本が火力へと一気にシフトしたことは現実的に唯一の選択肢であり、火力発電が間違いなく、その後の日本の安定供給を支えてきたことは歴然たる事実である。ただ世界を見ると、この日本の火力シフトの時期は、まさに世界がパリ協定へと向かっているタイミングだった。そんなタイミングに、日本では自国特有の事情を重視するなかで「安定供給のためなら脱炭素は後回しでいい」もしくは「本気で脱炭素したいなら原発を動かす」というスタンスが支配的になったことも、重要な事実として指摘しておきたい。>

 


そのマインドセットも見直されつつある…ってのが日本の現状でしょうか。(良し悪しは別として)

 

 

 

僕自身の興味は、

「コロナ禍を受けて、世界全体が<積極財政政策>に舵を切らざるを得なくなった現状、方向性として<グリーン・ビジネス>が受け皿の一つとなる<新しい産業>として位置付けられているのではないか」

と言う点です。

ケインズ的には積極財政の受け皿は「穴掘り」でもいいのかもしれませんが(ヘリコプター・マネーでも)、そう言う在り方が産業構造や所得のあり方に歪さを生んでしまう可能性は見落とせないので、こう言う「方向づけ」はあり得るのかも…と考えています。

意味のない仕事が「ブルシット・ジョブ」として、たずさわる者の精神を蝕む…という指摘もありますしね。

 


もちろん、「グリーン・ビジネス」が本当に「気候変動」への対処となり得るのかってのはあります。

「気候変動」への人間活動の影響度合いについて疑義がある点も承知しています。

僕自身はその点は「分からない」と言うのが正直なところ。

ただ「ヘリコプター・マネー」の行き先としては「マシなんじゃない?」って気持ちはあります。

 


<現在、各国政府のカーボンニュートラルの取り組みは、脱炭素を経済成長につなげることが前提になっている。「バイデン政権の気候対策は、あくまで脱炭素が経済成長に寄与できる限りは全力コミットするというものだ。そこはプログレッシブと歩調を合わせているように見えて、明確に線引きしているはずだ」と、米国との交渉を担当する政府関係者は話す。 

しかし、もしも気候対策が経済成長と両立しないということがわかってきた場合、資本主義の世界はどっちに転ぶのか。例えば、ビル・ゲイツはその現実の厳しさを見据えた上での「楽観主義」を打ち出しているが、実は、この先はまだ誰にも見えていない。>

 


その向こうには、こう言う懸念も確かにあります。

ただコロナ禍からの回復と継続的な成長を担保する上においては、(ばら撒いた資金を<成長>で埋めうる)「新しい産業」が必要だという見通しが各国政府にはあるんじゃないでしょうか。

その「新しい産業」の創造をする上において、「グリーン・ビジネス」が各政治勢力の合意を得やすい分野である…ってのは現状においては確かなのではないか、と。

だからこその世界を上げての「カーボンニュートラル」宣言。

トヨタがEVシフトを打ち出したのも、そう言う世界の兆候を踏まえてのことだと捉えています。(トヨタのメイン市場はそもそも海外ですし)

 


まあ、足元は結構不確かかもしれませんけどね。

昨年末の世界のエネルギー情勢なんかも、「再生エネルギー」に対する疑念を抱かせるものはありました。

日本の場合、「原発」ですわな。何より。

ここの議論をしない限り、「カーボンニュートラル」なんて、絵に描いた餅ですわ。

 


ただまあ、「できない」理由を念仏のように唱えてても、何も変わるわけじゃありません。

 


<気候変動やエネルギー問題をめぐる議論では、日本では必ずといっていいほど、「再エネには限界がある」「高効率の石炭でも脱炭素の役に立つ」「欧州が得するだけの仕組みだ」などの批判意見が飛び出し、多数派を占めることも少なくない。そうした意見はもちろん正しい部分を含んでいるのだが、ダイナミズムという観点でいえば、確実にイノベーションを阻害している。なぜなら、日本からは「未来を作る側」の企業や人物がほとんど登場していないからだ。>

 


この「ダイナミズム」をとり入れるために、一歩踏み出す勇気こそが求められるんじゃないか。

それが読後の感想になります。

 


難しいけどね。

 

 

 

#読書感想文

#グリーンジャイアント

#森川潤

#文春新書

 

 

 

 

便乗本だけど、さすが中公新書。詰まってます。:読書録「北条義時」

・北条義時 鎌倉殿を補佐した二代目執権

著者:岩田慎平

出版:中公新書(Kindle版)

f:id:aso4045:20220111193513j:image


「鎌倉殿の13人」の第一話が面白かったので、ネタバレ…じゃないやw、時代背景を知りたくなって、Amazonをポチ。

主人公その人の名前で検索して、ずらっと並んだ中からチョイスしました。

安心の「中公新書」。

もちろん「便乗本」なんですが、さすがに中身はシッカリありました。

 


題名は「北条義時」ですが、義時が登場するのは半ばになってからw。

それまでに、北条氏の出自、頼朝の登場と北条氏との関係、平氏滅亡…あたりの「解説」がタップリあります。

本書の特徴は、「鎌倉幕府」という武家政権の樹立を描きながら、その背景にある朝廷・貴族社会との関係性・距離感をメジャーの一つとして重視してるってとこにあるんですよ。

 


貴族社会の中に政権を置いた平家

朝廷とは距離感を保ちながらも決して決別はしなかった頼朝

上皇との関係性を維持しながらも、最終的には決裂するが、それでも朝廷との関係は持ち続ける義持・政子

 


この構図の上に北条執権が確立される過程を描いてるわけですが、そのためには「前振り」が非常に重要になるわけです。

「源平合戦」を中心とした武家の権力闘争(その後同族間抗争含め)からここら辺の時代って見ちゃうんですが(面白いですからね、チャンチャンバラバラは)、武家政権が成立するのは、当然その「前」の勢力とのせめぎ合いがあるわけで、本書はそこに重点の一つを置いています。

まあ、登場人物がわんさか出てきますから、安易に「分かった」とは言えませんがw、なんとなく雰囲気は掴めた印象はあります。

 


ドラマとの関係でいえば、

「鎌倉殿の13人」

というと、なんとなく「鎌倉殿」を一致協力して支えていく…ってイメージですが、実際には「13人」での血で血を洗う権力闘争が繰り広げられます。

頼朝に死後、13人による合議制が敷かれたことは事実ではあるんですがね。

でもって、最終的には北条義時が執権として権力を掌握するわけですが(この間、「鎌倉殿」は頼家→実朝→政子と代わります)、そこに明確な「目的意識」や「陰謀」があったかと言うと、なんかそうでもなくて、頼朝の死後、なんとか目の前の火の粉を振り払ってたら、こうなっちゃった…って印象があります。

三谷幸喜さんが題材として面白いと思ったのは、そう言うところもあるのかもしれません。

(違うかもしれんけど)

 


義時が土壌を作った「北条執権」を完成させるのが息子の「泰時」。

この「北条泰時」の母親って、出自がよく分からないようです。

う〜ん、となるとコレって、もしかして、もしかする…のかしらん?

 


#読書感想文

#北条義時

#鎌倉殿の13人

もう、無茶苦茶でござりますがなw:映画評「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」

前作「ファー・フロム・ホーム」で、ミステリオに正体を明かされ、汚名を負わされた<スパイダーマン/ピーター・パーカー>。

それを「なかったこと」にするため、ドクター・ストレンジにすがったものの…

 

というのが物語の端緒。

でもって、ドタバタの果てに、ミステリオの置き土産を回収すると共に、「アベンジャーズ」で広がった<風呂敷>もしっかり回収…という荒技ぶりに感心しました。

f:id:aso4045:20220110173802j:image

 

まあ、ツッコミどころはナンボでもありますが(マルチユニバースってそういうもんでしょw)、それでもこの風呂敷の畳っぷりは大したものだと思います。

もちろんCGも素晴らしいですしね。(スパイダーマンの空中遊泳に加え、ドクター・ストレンジのミラーワールドも堪能できます)

 

 

 

<以下、ネタバレを含みます。観る予定のある方は、観た後に。トミー・マクガイア/

アンドリュー・ガーフィールドの「スパイダーマン」をご覧になった方は、観る価値あり…と思います>

f:id:aso4045:20220110173811j:image

 

 

アベンジャーズの「エンドゲーム」、前作「ファー・フロム・ホーム」を受けての作品ですから、もちろんそちらを観てから…って話なんですが、本作を本当に楽しめるのは「トミー・マクガイア」版、「アンドリュー・ガーフィールド」版の「スパイダーマン」シリーズを観た人だと思います。

予告編でも明らかなように、そこに登場するヴィランたちが再登場…っていうのはもちろんあるんですが、ストーリー的にも、その二つのシリーズを受け、その中で「スパイダーマン/ピーター・パーカー」たちが<後悔>していること…その<やり直し>の想いが本作には滲み出ているからです。

その着地点として、原点としての「親愛なる隣人」に終着する流れは「お見事」。

その心に刻んだ「大いなる力には大いなる責任が伴う」という教訓とともに。

 


シリーズとしては一旦の区切りはついたわけですが、「続編」はあるんですかね?

製作者サイドは計画はしてるようですが、さてそれは<アベンジャーズ>路線なのか、<親愛なる隣人>路線なのか、はたまた新たなる展開を見せてくれるのか。

しかしまあ、見事な剛腕ぶりを見せつけてくれてますからね。

あるとしたら、それはそれで楽しみです。

(本作の<収まり方>が見事だったので、僕個人としては「これで終わり」でも不満はないですけど)

 

 

 

#映画感想文

#スパイダーマン

#ノーウェイホーム

なるほど。面白い。:読書録「勘定侍 1〜4」

・勘定侍 柳生真剣勝負(一)〜(四)

著者:上田秀人

出版:小学館文庫

f:id:aso4045:20220108204728j:image

昨年は帰省できませんでしたが、今年は正月明けに数日間、家族で帰省しました。(オミクロンの感染状況を考えると、一週間ズレてたら帰れなかったでしょうね)

1月に82歳になる母は、幸いにも元気そうで、ホッとしたところ。

 

その母が、

「最近は時代小説の続きものを読んでる」

と話していました。

もともと読書好きで、ミステリー系の本をよく読んでたんですが、最近のミステリーは母の好み的には「ちょっと…」ってのも少なくないですからね(母の好みは「アガサ・クリスティー」)。

少し前に「宮部みゆきは時代物の方が面白い」と言っていたので、そこら辺から流れたのかもしれません。

 


小説を読むのは頭の体操としては悪くないと思っているので、それならいくつか見繕って…と思って手を出したのがこのシリーズです。

選んだ理由は、

①作者が時代小説の書き手として有名、②シリーズがまだそこまで長くない、③僕の「ヒーロー」柳生十兵衛が登場する(w)

ってあたり。

買ってそのまま送ってもいいんですが、僕も時代小説は嫌いじゃないんで(一時期はどっぷり池波正太郎でしたw)、まずは読ませてもらって…と読み始めました。

 


しかしまあ、これは確かに面白い。

柳生宗矩が大坂の陣の際に情を交わした女性から生まれた子供…ってのが主人公なんですが、商人となっていたこの子供を、宗矩が大名に出世した際、内政を見させるために急遽呼び戻したところから話がスタートします。

期待の「柳生十兵衛」はもちろん、宗矩・友矩・宗冬もメインキャラととして出てきますし、ここに徳川家光やら、幕閣の重鎮やら、歴史上の人物が絡んできて、「戦国から太平の世」に移り変わるなか、政治権力や経済のあり方が変わっていく社会を背景に、あれやこれやの駆け引きが繰り広げられます。

 


時代小説としては、

山本周五郎や藤沢周平ほど人の世の無情や儚さを描くわけでもなく、

池波正太郎みたいに人生訓や人間の矛盾について語るわけでもなく、

権謀術数を描きながらも、基本的にはユーモアがあって、明るい話になっています。

そういえば、母方の祖父(母の父)は山手樹一郎や吉川英治が大好きだったんですが(母の名前は「宮本武蔵」の「お通」から取られています)、割とその系統の話っぷりかもしれません。

 


「4巻」で主人公と老中・堀田正盛が対決。

まだまだ話はこれから…ってとこですが、う〜ん、続きが気になるw。

物語的には、今後「会津騒動」が絡んでくるはず。

柳生と会津騒動といえば「柳生忍法帖」。

意識してないはずはないですよね〜。

ここら辺もどうなるやら…。

 


まずはここまでで母には送ろうと思っていますが、続きはまた僕が読んでから渡すことになりそうです。

「5巻」は何時ごろ出るんだっけ…。

 


#読書感想文

#勘定侍

#上田秀人

 

 

 

ミステリーではあるけど、謎解き主体の小説じゃないかな:読書録「見知らぬ人」

・見知らぬ人

著者:エリー・グリフィス 訳:上原ひろみ

出版:創元推理文庫(Kindle版)

f:id:aso4045:20220106081815j:image


年始休暇に読んだ本。

なんか20年のランキング上位にも食い込んでた作品じゃないか、と。

 


短編ホラー小説「見知らぬ人」

この作者が住んでいた館(今は学校になっている)を舞台の一つとして、<見立て>連続殺人が発生する。

その経緯を

殺された教師の同僚である女性教員

その娘

事件を追う女性刑事

の3つの視点から描いています。

(ちなみの「見知らぬ人」は架空の小説です)

 


ミステリーなんで、もちろん焦点は「犯人は誰だ?」にあるんですが、作品としてはそこに重きを置いているというよりは、焦点の当たった3人の女性を通して、それぞれの年代・背景・環境等の中で、女性たちが考え、思い煩っていることを描くことに主眼があるんじゃないか、と感じました。

事件を追う中で、その関係性がどうなっていくか…も含め、そこが面白い作品ですしね。

(感想とかで、「この犯人は分からない」みたいなコメントをちょこちょこ見かけましたが、僕自身は「そこまでトリッキーじゃないんじゃない?」という印象。

ロジカルな推理で行き着いたわけではないにせよw)

 


ゲイで人種的にもマイノリティな刑事(ハービンダー・カー)が興味深い…と思ってたら、彼女を主人公にした続編も描かれているようです。

翻訳されるかな?

 


#読書感想文

#見知らぬ人