鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

都知事候補…と言う色眼鏡抜きでも面白いし、それっぽいとも言える:読書録「サーキット・スイッチャー」

・サーキット・スイッチャー
著者: 安野貴博
出版: ハヤカワ文庫(Kindle版)

f:id:aso4045:20240623212240j:image


作者の安野貴博さんは今回の都知事戦に立候補されていらっしゃる方です。
なぜか矢作俊彦さんが押してたので、ちょろちょろフォローしてみてるんですけれども、まぁ確かになかなか面白い主張をされています。
面白いと言うよりはかなりまともなんですけど、それが候補者の中では浮いて見えるって言うことの方がおかしいのかもしれませんが。

 

AIエンジニアだったり起業家だったりされてるようですが、SF作家としても活動されておられ、本作はその一冊になります
都民でもないので、募金をする義理はないと思うんですけどw、応援の気持ちもあって購入しました。

 


日本で圧倒的シェアを持つ自動運転アルゴリズムの開発、会社の社長坂本が自動運転車に拘束された
犯人の要求は、坂本が開発したアルゴリズムの人種差別的な歪みを明らかにすると言うものであった…


いわゆる「トロッコ問題」に対処するアルゴリズムに人為的な調整が加えられているのではないか。
作品の中核にはそんな「謎」があって、拘束された坂本をいかに救出するかと言うサスペンスに並行して、アルゴリズムが人間社会や産業に与える影響等にも言及した内容になっています。

 

アルゴリズムに手を入れた犯人のサイトにも「意図」はあるんですが、それが単純な欲望や顕示欲何かとは違うところから出てるあたりがエンジニア出身の作者らしいってとこでしょうか。
「道具」には、善も悪もなく、使う側の人間に問題がある。
…割とそういうオチにしがちですが、そういう安易なところに落としてないあたりが読みどころだと思います。


坂本の最後の決断あたりなんかは、今後の生成AIをめぐる議論なんかにも通じるところがあるかもしれません。
ここら辺エンジニアっぽい思想が出てるような気もしますね。
今の都知事選をめぐるマニフェストについても、こういうところが透けて見えますし…。

 

いろいろ専門用語も出てくるんですけど、非常に読みやすくて、物語展開もスピーディーで小説家としてもなかなか腕があるなぁと感心しました。
都知事になれなかったら、また別の小説を書いて欲しいなぁとも思います。


いや、大阪府知事あたりを狙ってもらったほうがいいかなw。

理想論だけど、それを語らずしてどうすんのとも言える?:読書録「本を守ろうとする猫の話」

・本を守ろうとする猫の話
著者:夏川草介 ナレーター:櫻井慎也
出版:小学館(audible版)

f:id:aso4045:20240622223143j:image

「スピノザ診療所」が面白かった。夏川草介さんの作品
「神様のカルテ」シリーズは知っていたんですが、それとは違う毛色が変わった作品のようなのでチョイスしてみました。


高校生の夏木林太郎は、書店を営む祖父と二人暮らしだったが、突然祖父が亡くなる。
伯母に引き取られることになり本棚の整理をしていた林太郎の前に、人間の言葉を話すトラネコが現れ、「本を助ける冒険」に彼を連れ出す…


ガチなファンタジーでした。
主人公が猫に導かれるのは4つの迷宮です。
蔵書として閉じ込められる本(第一章 第一の迷宮「閉じ込める者」)
あらすじや速読で切り刻まれる本(第二章 第二の迷宮「切りきざむ者」)
内容の薄い売れる本だけを次々と出版する出版社(第三章 第三の迷宮「売りさばく者」)
まぁ、現代社会においても、何やら想像がつく本との向かい方です。
「本を愛する」と言う切り口から、主人公は迷宮の主人から本を解放するのですが、最後に「本そのものの存在意義」をめぐって、最後の迷宮に立ち向かうことになります。(第四章 最後の迷宮)


う〜ん、甘いと言えば甘いし理想主義的すぎると言えば理想主義的すぎる。
まぁそれは「スピノザ診療所」もそうでしたが、
もちろん作者はそんな事は百も承知で、それでも書かざるを得ないと言う気持ちがあるんでしょう。
それもわからなくはない。


今本をめぐる環境と言うのはなかなか複雑なものがあります。
書店、出版社、図書館、作者、取次店
それぞれがそれぞれの課題を抱えていて、場合によっては利益相反するような面もある状況。
その中でどうやって「本」を助けていくのか
そんなふうに思っちゃうとちょっと作者の理想主義が鼻についたりもします。


でも、まぁ考え直してみれば「本」が好きじゃなければ、何も始まらないんですよね。
その気持ちがなくなれば、全てが迷宮の中に消えていっても、それはそれで仕方がない。
そうであって欲しくないと思う心が「本」への思いということなのかもしれません。
そのベースがあってこそ、ビジネスとしての有り様を考えることができる。
それさえもないのなら、
…最後の迷宮に全てが消え去っても仕方がないことなんだろうな…。


序盤やや鼻白みながらも、最後まで飽きずに聞き通すことができたのも確かです。
ちょっと青春物語風の展開もそれはそれで悪くなかったです。
甘いですけどねw。


驚いたのはこの作品に続編があることです。
話は終わってるような気がするんですけど。
一体どんな「迷宮」が残されていると言うのでしょうか?
気にはなるけど…
本を購入するまでではないかな。
Audibleになったら聞くかもしれません。

ま、僕の「本」への愛情っていうのはそれぐらいのものですw。

続編は青春ドラマなんですね:映画評「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」

80年代のゴーストバスターズシリーズの正式な続編として作られた前作
なかな繊細なところがあって、結構良い出来だったと思っています。
本作はその続編
前作のメンバーが揃って登場します。

f:id:aso4045:20240621231638j:image


オクラホマ州からニューヨークに引っ越してきたスペングラー一家。
新生ゴーストバスターズとして活躍するが、フィービーは未成年であることを理由にメンバーから外されてしまう。
疎外感を感じるフィービーは、メロディーと言う幽霊と出会う。
そんな中、初代ゴーストバスターズの一員であったレイのもとに不思議な球体が持ち込まれる。
その中には、あらゆるものを凍らせる力を持つゴースト「ガラッカ」が閉じ込められていた…。


基本的には楽しめたんですよ。
興行成績も悪くなかったんじゃなかったでしたっけ? (アメリカでは)
でも個人的には前作にはちょっと及ばなかったかなぁ…と。


前作の良さは、マッケンナ・グレイスが演じるフィービーの繊細な演技がありました。
ゴーストバスターズなんだけど、実質上はフィービを主人公とする青春ドラマ…というか。
本作でもそういう側面はあって、メロディーと言う幽霊との友情や義理の父親になったゲイリー(ポール・ラッド)との関係なんかにフィービーのドラマが描かれています。
…なんですけど、なんとなく踏み込まれてないんですよね。
その分ダン・エイクロイドとかの前のゴーストバスターズメンバーの活躍が幅をきかせます。
悪くは無いんですよ。
やっぱり彼らの活躍を見たいって言う気持ちは僕にもありますから。
でもそのことで物語としての完成度は一段落ちているように思います。


前作で監督してたジェイソン・ライトマンが降板したっていうのもあるのかなぁ。
脚本には残ってるんだけど。
前作に比べて大味になってるところがほんと残念でした
マッケナ・グレイスがマジで良いだけにね〜。
良い表情するんですよ。


続編はあるのかな?
ヒットしたからやりそうな気がします。
う〜ん、どうなんだろ。
もうフィービーに焦点を当てた物語にしたんでいいんじゃないかなぁ
みんなそんなにビル・マーレイが見たい?

イケイケになった気分にちょっと冷や水をw:読書録「チャットGPT vs 人類」

・チャットGPT vs. 人類
著者:平 和博
出版:文春新書(Kindle版)

f:id:aso4045:20240621170638j:image


GPT 4oの発表以来、「AIとお喋りする未来」が楽しみ過ぎてw、やや前のめりになってる気分に冷や水を浴びせるつもりでチョイスした一冊。
ちょうど発売されたばかりで、情報もアップデートされてるでしょうし。
作者はAIによるフェイクニュースなんかに警鐘を鳴らしておられる方です。


はじめに:「人間」と「機械」が見分けられなくなる
1章 愛を告白する
2章 チャットGPTとは何か?
3章 学校が戸惑う
4章 「もっともらしいデタラメ」が広がる
5章 メディアがAIに頼る
6章 6割が見分けられない
7章 AIがメディアを評価する
8章 「犯罪者」を捏造する
9章 備えるべき5大リスク
10章 「悪の凡庸さ」と「知性」
11章 「頭脳」をつくるデータの正体
12章 AIは「意識」を持つのか
13章 日本と世界、社会とAI
終章 100年後からの視線


まぁ正直言って、チャットボットに愛を語られるが、嫉妬されようが、そこら辺はどうでもいいて感じです。
人種差別的発言の問題もありますが、これも使い方も問題が結構多くて、そこら辺は技術的に調整されていくっていうのが個人的な見通し。
スーパーAIとかシンギュラリティとかが実現するかどうかについては、僕個人としては結構懐疑的なところがありますし、来るなら来るで、それはまぁその時考えるかっていう感じでもあります。
まぁ突然ビッグブラザーやらスカイネットやらが突然人類殲滅を開始したらそりゃ困りますけどね。


やっぱり1番の問題はハルシネーションでしょうか。
検索してその回答にハルネーションがある位であれば、そこら辺は使い方の中でカバーしていくべきだと思っています。
現状においては、ハルシネーションがある前提で使える人や分野じゃないと活用は難しいってことでしょ。
その前提で使うだけの価値があるというのが、僕のスタンスなんですけどね
ここら辺も技術的に詰められても行くと思いますし。


ただハルシネーションで作られた文章やらフェイクニュースやらがネット空間に蓄積されて、ネットの中のデータの状況が劣化しちゃうっていうのは、確かに問題かもしれない
そのデータをベースにして、AIそのものは成長していくわけですから
今後技術的にその点に対処していく事は確かだと思いますが、当面の間ここをどうするかっていうのは意外に大きいかもしれません
だからって、開発そのものを止めろと言うのは過剰反応だと思いますけどね


本書では、政府や国際機関等がいろいろな形でAIの開発に対して一定の制約を課そうと言う流れなんかも紹介されています
どう言う規制の動きそのものを否定する事は僕もできないです。
と言うよりも、AI開発にアクセルがかけられている中で、適切なブレーキを講じる事は重要な視点だろうとも思っています。
問題はスピード感。
生成AIの成長に比して、方針や対策の方は一周二周遅れって感じがしますからねぇ。
僕個人としては実装されたAIが社会的インパクトをもたらすにはもうチョイ時間がかかると思ってますが(お喋りAIは出来そうだけど)、
それにしても大丈夫かなって気がしなくもないです
一度野に放たれたら、リカバリーは結構厳しいんじゃないかなぁ。


まぁそれでもここに来て、議論の加速化も見えて来てはいるって感じかな。
生成AIの進化が目に見える感じで出てきているので。
そ追いかけっこがどうなるかは、成り行きに任せるしかないってことなのかもしれません
おしゃべりAIに歯止めがかからなければ僕はいいですw。

生成AIはもっと遠くまで連れて行ってくれるかも:読書録「わたしのeyePhone」

・わたしのeyePhone
著者:三宮麻由子
出版:早川書房(Kindle版)

f:id:aso4045:20240620093259j:image


幼少期に視力を失った三宮麻由子さんが、自身の日常生活とiPhoneとの関わりを綴ったエッセイ。
この本では、スマートフォンがどのように彼女の「目」として機能し、日常生活を支えているかが描かれています。
特に、iPhoneがテキストを読み上げてくれたり、自由に買い物ができるようにサポートしてくれたりすることが強調されています
朝日新聞の書評で見かけて、
「スマホ、万歳!」
って本は珍しいなw、と思って読んでみることにしました。(まあ「万歳」ばっかじゃないんですけどねw)


スティーブ・ジョブズはパソコンを「心の自転車」と表現しました。
ジョブズの比喩の意図は、人間の思考や作業効率を劇的に向上させるツールとしてのポテンシャルを表現したかったんでしょうが、スマホもまた人間の能力を補完し伸ばしていくものだと言うふうに僕は考えています。
まぁ自転車よりはバイクみたいなものになってるのかもしれませんけどw。
それなのに特に日本ではスマホに対する脅威論と言うのも少なくない。
スマートフォン依存やSNS上でのトラブル、子供たちの使用時間の問題など…
これらの問題は、スマートフォンの過度な使用や不適切な使用によるものであり、ツールそのものの価値を否定するものではないんですけどね。
今後生成AIが広がってくる中で、ここら辺は結構ネックになるんじゃないかと僕は思っています。
朝日新聞でこの本の書評を読んだときにスマホをマイナスイメージではなく、プラスイメージですごく捉えてるって言うことが興味深く覚えたんです。


まぁもちろんマイナス面もあるかもしれません。
生成AIなんかは翻訳面でもかなり進歩していますから、翻訳を仕事にしている三宮さんの仕事への影響は少なからずあるかも。
でもOpenAIが発表した新しいシステムでは、AIがビデオ機能を持つことで、視覚障害者の生活をさらに支援する可能性を見せてくれていました。
例えば、AIがカメラを通じて周囲の情報を認識し、視覚的な説明を提供することで、視覚障害者の自立した行動をサポートするシーンが映されていました。
あれなんか、明らかに三宮さんが欲しい機能ですよね。


ジョブズがiPhoneの最初から「ボイスオーヴァー機能」を実装したように、Appleは身障者も含めた多くの人がスマホを使ってQOLを上げて行くことをサポートする姿勢を一貫して見せています。
iOS18についても先んじてそういう機能をオープンにしていますしね。
「心の自転車」から「体の代替」に能力を広げていると言ってもいいかもしれません。
そして生成AIは更にその可能性を前に進めてくれるはずです。
そういうタイミングに「今」はあると思います。


今のところ僕自身は健康で作者のような支援を必要とはしていません。
でもまぁ歳はとってきてますからね。
実際目は悪くなってきてますし。
そういう意味ではこういう機能のお世話になることがあるかもしれない。(音声入力やオーディオブックを積極的に使ってるのには、そういう意図もあります)
母なんかはそういう歳にもなっていますしねぇ。
だからこういうことに対する情報も広く入手しておきたいっていうのもあります…


根拠の薄いテクノフィビアは今後の日本社会においてはリスキーな要素になると思います。
テクノロジーは決してマイノリティの「敵」ではないのだ
そのことを再確認できた作品でした。

法律エンタメって流行り?:ドラマ評「アンチヒーロー」

民放の連続ドラマを放送スケジュールに合わせて全話見たのは「VIVANT」以来ですかね。
過去編になる8話からは一気に見ようと思って控えていて、日曜日の放送が終わってから8 9 10まとめてみました。
充実感ありました。

f:id:aso4045:20240619124200j:image
繰り返されどんでん返し展開で見させられてきましたが、最終回はがっつりと法廷シーン(40分近くあるそうです)で悪役・伊達原との対決シーンがガチで描かれていました。
まぁ主人公の長谷川さんも相手役の野村萬斎さんもなかなかメリハリの利いた演技をされますがw、こういうシーンになるとその演技も映えますね。
そうでありながら、回想シーン、野村さんが目の前の現実に目を背けるシーンの演技は結構繊細で、それはそれで伊達原の弱さみたいなものを垣間見せられて唸らされました。

伊達原
<ある行為が正義になるか、悪になるかは見え方次第。
法律と言うのはねぇ。
その見え方のためにうまく利用するべきものなんだよ。
だから君もコレまで法を利用して来たんだろう。>

 

「虎に翼」でも、法律を絶対視することへの危険性が訴えられていましたが、それは1歩違えばこんな風にも捉えられてしまう。


明墨
<確かにあなたのおっしゃるとおり、この世の中はちっとも公平なんかじゃない
何の落ち度もなく命を奪われるものがいる
何年、何十年と悪事を隠し通し、富と権力を恣にするものがいる
こんな不平等な世の中で、誰もが気付かないうちに自分の物差しで人を裁き、罰を与えている
ときには二度と立ち直ることが出来ないくらい厳しい罰を
本当に恐ろしいことですが、これが現実です
だって
人は人を裁くことが「快感」ですからね>

<法律とは一体何なんでしょう
我々は法律によって白か黒かを公平に判断することが出来ます
ですがそれも所詮人間が作り上げた尺度です
法によって白になったことが本当に白なのか
黒の奥には実は限りない白が存在しているのではないか
それを考え続けることこそが、こんな世の中を作ってしまった我々の役割なのかもしれません>


いやぁ、このやりとりは何とも迫力がありました
その「正論」を、グレーな世界に1歩踏み込んだアンチヒーローである主人公が語るところがこのドラマの肝でもあるかと。
そこのところが理想を掲げながら、苦悩している寅子(虎に翼)との立ち位置の違いかな。
いやここから寅子がダークサイドに陥る可能性がないわけでもないけどw。


リアリティーという意味では、まぁいろいろありますが(あんなにバンバン裁判進まないでしょう)、最後まで実に楽しませてもらいました。
ドラマはやっぱり脚本だよね。
それがあればこそ、演技も生きてくる
つくづく痛感しました。


残された謎がないわけじゃないので、続編の可能性もゼロでは無いようですが、個人的にはここで収めておくほうがいいんじゃないかなと思います

安易に続編に頼らない

これも重要でしょう

 

噛み合ってるような、噛み合ってない様なw:読書録「その世とこの世」

・その世とこの世
著者:谷川俊太郎、ブレイディみかこ ナレーター:下妻由幸、山内 美幸
出版:岩波書店(audible 版)

f:id:aso4045:20240618204005j:image


なんかAudibleで中二病男子の冒険を聞いてちょっと疲れたので、毛色の違うものを…と思って目についたこれをダウンロードしました。
ブレイディさんと谷川さんはご面識はないようで、出版社(岩波書店)の企画で交換書簡を1年半ほどやられたようです。


現実社会にある課題や問題に体からぶつかっていくようなブレイディさんと、詩の世界から1歩引いたように世の中を見ておられる谷川さんの対話が噛み合うのか噛み合わないのか。
読み置いてもどうだったのかなって言う感じはします。
なかなか面白く聞けましたけどね。


90歳を超えておられる谷川さんは亡くなられたご両親の家で終活のような生活を送ってらっしゃるようですが、ちょうどコロナに重なる時期でありながら、ブレイディさんはパートナーの病気やお母さんの逝去、ご自身のコロナ感染と慌ただしい時期を過ごされていたようです。
その対照が面白かったのかもしれません。


長い散文は書けなくなったとおっしゃる。谷川さんは、短い文章の後に詩の形式で返答を書かれておられます。
僕個人は詩は全くわからなくて、極めて散文的な人間なんですけど、不思議と耳で聞くと、この谷川さんの詩がすごくしっくりと自分の中に入ってきました
もちろん、谷川さんの詩がすごくわかりやすい言葉を選ばれて書かれているっていうのはあるんでしょうけどね
なんかちょっと真似したくなるような気分も…なんだけど、やっぱり詩はよくわかんないんですよねw。


<この世は他人だらけである
他人でないのは自分だけだと思うと
淋しい>


谷川さんの書簡の最後の1節。
ポンと胸に響くものがあります。

 

この後2人が本当に交流をするようになったかどうか…それは僕にはわかりません。
まぁでもそれはどうでもいいことなんですよね。
こういうひと時があったこと
それがそれぞれの、そして読んだ僕の中にも何かを残していくような、そんな気がします


ちなみにこの本の売りは奥村門土さんのイラストにもあった様です。
確かに表紙の写真を見ると、なかなか味のある…。
audible じゃなくて、リアル本だとまた違った感覚があったかな?
いや、とりあえず満足してるんで、リアル本に手を出す気はないんですけどw。