鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

丁寧な描写が世界観を生み出している:読書録「高瀬庄左衛門御留書」

・高瀬庄左衛門御留書

著者:砂原浩太朗

出版:講談社

f:id:aso4045:20210408182352j:image

 


藤沢周平の「三屋清左衛門残日録」を思わせる

と言う評をどこかで読んで、気になって購入してしまいました。

読み始めて、一気に読了。

好きですね、こう言うの。

 


藤沢周平にしても、池波正太郎にしても、物語としての面白さに加えて、描き出すその「世界観」への共感が根底にあります。

「あ〜、ここへ行って、縁側でゴロゴロしてぇ」

…みたいなw。

 


本書にも確かに通じるものがあって、特に丁寧な風景描写が、読むものをその世界に誘ってくれます。

クド過ぎず、平易な文章で、それでいて「味わい」のある筆致。

まあ「ファンタジー」なんですが、一抹の苦さもあるその匙加減がナカナカです。

 


ストーリー的にはどうかなぁ。

時代小説って、「男(おっさん)のファンタジー」っぽいところがあると(個人的には)思ってるんですが、本書もそういう傾向はあるかな、と。(特に死んだ息子の嫁との関係)

<そこ>を飲み込めば、抑制の効いた良い物語だと思います。

個人的には<そこ>をもっと抑えても良かったとも思うんですが、それじゃあ枯れ過ぎかもしれんねw。

 


「三屋清左衛門」が、そうは言っても、ある程度の「成功者」であったのに対して、「高瀬庄左衛門」の人生には「悔い」と「不運」が付き纏います。

「それでも」

…と言うのが読ませどころかな。

それこそが「ファンタジー」なのかもしれませんが、んなこと言ってたら、こう言う小説を読む醍醐味がなくなりますがなw。

 

 

 

#高瀬庄左衛門御留書

#砂原浩太朗

 

そうそう、こういう決着。…ん?続きはどうすんの?:読書録「小説イタリア・ルネサンス3 ローマ」

・小説イタリア・ルネサンス3 ローマ

著者:塩野七生

出版:新潮文庫

f:id:aso4045:20210407203554j:image

 

以前出版された時は3部作で本作が最終作。

主人公(マルコ)の愛人である高級娼婦オリンピアの<過去>が明らかにされ、その恋愛の最後の顛末が描かれます。

 

 

「そうそう、こうなったんだよな」

と思い返し、

「ありゃ?じゃあ、新作(4巻)はどうすんの?」

とも。

 

 

まあ、でもこのシリーズ、二人の大人の恋愛を描きつつ、ホントのところは「それ以外」のテーマの方が面白かったりしますからね。

本作について言えば「中世ローマ散策」。

そして「ヴェネツィアの<終わりのはじまり>」であり、「ルネサンスの<終わりのはじまり>」。

この<終わりのはじまり>を自分でも支えていこう…と決心するところで本書は終了します。

マルコは40代。

恋愛沙汰を離れ、国政を担いつつ歴史の趨勢に抗っていく…という姿が、次の巻では描かれるのかもしれません。

…とすると、「オリンピア」は余計かも…。

 

 

95年に本作が出版されたとき、僕は「30歳」。

あの頃よりは、今の方が描かれる「人間模様」には共感と興味を持てるようになってる気がします。

まあ、大人の物語ですわ。(高級娼婦との恋愛ですからw)

 

 

それでも、

「塩野七生は<男女のドラマ>を描くよりは、<歴史ドラマ>を描かせた方が筆が乗るな」

ってのは、30年前と変わらない感想ではありますw。

 

 

さて、25年ぶりの続編は「再び、ヴェネツィア」。

どんな「幕」が下ろされるのやら。

 

 

#読書感想文

#塩野七生

#黄金のローマ

#小説イタリア_ルネサンス

これからの人生で「ある」と想定した方が良い:読書録「首都直下地震と南海トラフ」

・首都直下地震と南海トラフ

著者:鎌田浩毅

出版:MdN新書

f:id:aso4045:20210406111324j:image

 


業務でBCPの見直しみたいなことに着手してるので、その背景となる知識のアップデートとして一読。

作者は京大の教授で、その退官記念のつもりで本書を執筆(正確には東日本大震災後に海砂作品を大幅加筆修正)されたようです。

Clubhouseで成毛眞さんと対談してるのを聞いて購入してみました。

 


<知識>的なところで言うと、こんなまとめでしょうか。(正確なところは覚え違いもあるかもしれませんが、ザックリとは)

 


①東日本大震災以降、日本は自身の活動期に入っている。

②その余震的に内陸部での地震はいつ起きてもおかしくない状況。そのうち被害が大きいと想定されるのが首都直下地震。

③首都直下地震の規模は東日本大震災より小さいが、震源が浅いこと、人口・経済活動が集中していることから、被害規模は極めて大きくなると想定される。

④南海トラフを震源とする地震はプレートの沈み込みから発生が予測される地震。東海地震・東南海地震・南海地震が同時発生する「連動型地震」の可能性があり、東日本大震災級の巨大地震が西日本で発生すると予想されている。

⑤この発生時期は2035年を中点とした2030年〜2040年と言うのがシミュレーションや過去の経験則から導き出されたもの。

⑥富士山の噴火に関しては、「起きてもおかしくない」災害であり、その災害規模も大きい。ただし予兆は事前に察知することが可能。

 


明日起きてもおかしくない「首都直下地震」

過去の記録やシミュレーションから10年〜20年以内には起こるだろう「南海トラフ地震(西日本大震災)」

 


僕があと何年生きるかは分かりませんが、死ぬまでの間にこのどれか(あるいは複数の可能性も)にぶち当たる可能性はかなり高そうです。

ちゃんとBCP、練っとかんとね。

 


作者は「あるのは確かなんで、それに備えておくことと、<ある>ことを前提とした人生観や生活スタイルを身につけておく方がいい」旨のお話をされています。(室井滋さんとの対談パートで特に強く出てきます。室井さんが「そっち寄り」な考えをお持ち、ってのもあるかもしれませんが)

「ストックからフローへ」とか、「体の声を聞く」とか。

個人的には「まあ、確かにな」と思いつつも、「清貧思想」的な考えにはあまり賛同できなかったりもするんですが(そこを追求すると、「備える」こと自体ができなくなってしまう)、個人としてのスタイルとしてはそうだろうなとも思います。

「分散」は、絶対必要なのは確かですしね。

 


「アトランティス大陸」の話なんかもあって、後半は<知識>だけじゃなくて、この手の話がお好きな人には興味深い内容w。

BCPを考える上においては一読はしておいた方がいい作品でしょうね。

起きちゃったら、それどころじゃなくなっちゃうのも確かですけど。

 


#読書感想文

#首都直下地震と南海トラフ

#鎌田浩毅

安定/マンネリの「新章」スタート:読書録「新 謎解きはディナーのあとで」

・新 謎解きはディナーのあとで

著者:東川篤哉

出版:小学館

f:id:aso4045:20210404223353j:image

 

そもそも前作でシリーズが終わってたのを知りませんでしたw。

風祭警部が「栄転」したんでしたっけ?

で、本作の第一話で「左遷」されてきて、戻ってくる…と。

 

 

ヒロインの「後輩」として新しいキャラが登場するんですが、特に登場したからって「何がどう」って感じもないんですよねぇ。

まあ、パターンギャグが一つ増えた感じはありますが。

 

 

…と言っても、本作を批判してるわけじゃありません。

これはこれでいいんです。

「マンネリ」

でもパターンを楽しむ作品ですからね。

むしろその「安定感」こそが、こういう作品の「ウリ」でしょう。

安心して読めますから。

 

 

というわけで、よくわからないけど「新章」です。

前章を楽しんだ人は楽しめると思います。

前章を読んでなくても…まあ、大丈夫でしょうw。

 

 

#読書感想文

#新謎解きはディナーのあとで

#東川篤哉

コロンに泣かされました:読書録「永遠のおでかけ」

・永遠のおでかけ

著者:益田ミリ

出版:毎日文庫

f:id:aso4045:20210403101602j:image

 

作者のお父さんが亡くなられる前後のことを書いた、連作エッセイ。

 

「益田ミリって、<難しい>ことを、簡単な言葉で、上手に描いてくれるのよね〜」

 

と先に読んだ妻が言ってましたが、ほんとそうですね。

 

益田ミリ。

 

名前はもちろん知ってましたし、本屋でよく見かけもしてたんですが、最近まで読んだことはなかったんですよ。

少し前にある方が、

「益田ミリって天才」

って褒めてらっしゃる記事を読んで、一冊、マンガ作品を読んでみました。(「世界は終わらない」)

「あ〜、確かにねぇ」

と思いはしたものの、そこまでハマる感じもなかったんですが、このエッセイには「やられた」って印象。

 

「難しいことを簡単に」

 

いや、ホントそうですね。

美麗で凝った文章ではないんだけど、簡潔で簡単な言葉で、微妙な機微を上手にすくいあげてくれている感じがします。

「今の時代」

っぽいとも言えるかな〜。

 

200ページ弱の作品なんで、一気に読めます。

最後には単行本未収録のエッセイが一本。

チョット「後日譚」っぽいんですが、ここで「トドメ」を食らっちゃいましたw。

「もうおらんのやけど」記憶は不意に時間を呼び戻す時がありますから。

 

 

#読書感想文

#永遠のおでかけ

#益田ミリ

トラップで泣かされる:マンガ評「さよなら私のクラマー」

ゴールでも、シュートでも、セーブでも、ディフェンスでも、台詞でも、勝敗ですらなく、

 

トラップ。

 

いやぁ、やられたわ。

f:id:aso4045:20210401085939j:image

 

 

連載最終回を読んだ時は、

「え?ここ?もう少し先まで…」

と思ったんだけど、単行本で読むと、

 


「ここしかない」

 


いや、もし番外編とかで浦和邦成戦があったら、喜んで読みますけどw。

 


しかし、これ、どういう風にアニメにすんのかなぁ。

楽しみ半分、不安半分。

 


#読書感想文

#マンガ評

#さよなら私のクラマー

「教育」や「医療」関係者は読んだ方がいいかも:読書録「キミのお金はどこに消えるのか」

…でまあ、「がんばってるのになぜ僕らは豊かになれないのか」の前作を読んでみました。

興味深く読めましたし、マンガとしても面白かったです。(月さんの「バッサリ」な切り返しが好きw)

f:id:aso4045:20210329171312j:imagef:id:aso4045:20210329171335j:image


でもまあ、内容的には「がんばってる〜」を読めばいいかな?

この二冊は消費税増税前の作品で、その「阻止」に力が入りすぎてる感も。

「コロナ禍」で世界全体が「積極財政」に踏み込まざるを得なくなった現在、「積極財政」の注意点は何かって観点から読むなら「がんばってる〜」でいいです。

「緊縮財政」の呪いを解くという点では、この2作を読む意味もありますけど。


言ってることは「月さん」に言わせれば、

f:id:aso4045:20210329171346j:image

…なだけなんですけどねw。

 

 

「教育」や「医療」に関しては、コロナ禍でさらに危機的な状況が露わになった感がありますが、その解決・改善に手をつけようするとき、必ず言われるのが、


「財源はどうする?」


「それは気にせんでイイ。なんとかなる」

っちゅうのが(多分)本書の主張。

実際には色々留保はあるんですがw、ともかく「緊縮財政なんかすんな」ってのは確かです。

 

財源がいくらあったとしても「優先順位」は必要だし、「政策」として効果を上げるためには満遍なくばら撒くんじゃなくて、重点的な配分が必要。

インフレ率が上がってきた時のことなんかを考えても、この「選択」は明確にしておく必要があると、僕は思っています。

(「どこを削るか」の選択も、社会変革の視点からは必要。デジタル化への抵抗勢力に配分したら元も子もない…ってのが個人的にはあるもんで)

 


でも

「未来の子供達のために、今は削らなきゃいけない!(=緊縮財政)」

ってのは違いまっせ、って話。

そして「コロナ禍」で、否応なしに「積極財政」に突っ込まなきゃいけなくなったんだから、だからこそ「未来の子供達のためにお金を使おうじゃないか」ってのが僕が希望すること。

 


その大きな柱が「教育」と「医療」だと思うんですよ。(あと統治システムのデジタル化。ココもなぁ…)

 


だからこの分野の関係者は、変な清貧思想に引っ張られるんじゃなくて、ちゃんと「お金(財源)」を取りに行った方がいい。

そのことが「未来」の土壌になると思うから。

(割と「清貧思想」寄りの人が多い感じがするんだよな〜。真面目な人が多いからかしらん。個人として「清貧」であることと、産業としてのあり方は別なんやけどね)

 


「でも財源が…」

と思うなら、このシリーズを読んだ方がいい。

「正解」かどうかは僕もようわからんけど(←いい加減w)、少なくとも「緊縮財政」よりは明るい未来があるんじゃないかと思いまっせ。

 


…まあ、足元は今、苦境に立ってる産業への補償の方が先なんですが。

産業インフラが壊滅しちゃったら何にもならんからな〜…ってのは「がんばってる〜」のお話でしたね。

 

 

 

#マンガ評

#読書感想文

#井上純一

#キミのお金はどこに消えるのか