鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

(メモ)「危機と人類」:日本の課題

ジャレド・ダイアモンド「人類と危機」第8章では「現代日本」が抱える課題について整理されています。

全体として読みがいのあるパートですが、個人的には以下の点に特に興味を惹かれました。

 


①女性の活躍推進・超高齢化対策と移民

「人口減少」と移民政策ってのは結構論じられますが、ジャレドは「人口減少」そのものはあまり問題視していません。(むしろプラスになるくらい)

ただ「女性」が社会進出していくにあたって、子育て支援サービスや、「高齢化」の介護支援として、「移民」を活用できないことが大きなマイナスとなる点を指摘しています。

ここは文化的に「子育て」や「介護」の担い手を女性中心として担わせる点も大きく影響してるわけですが、男性の担う割合を引き上げたとしても世帯としてはロード荷重になることに変わりはないので、「確かに」ではあります。

「それをロボットで…」

と言う声もありますが、正直、このエリアをロボットに任せることこそ文化的には厳しいのではないかと思いますしね。

 


②中国・韓国(+北朝鮮)との関係

シンガポールのリー・クァンユー発言が引用されています。


<ドイツ人と異なり、日本人は自分たちのシステムのなかにある毒を浄化することも取り除くこともしていない。彼らは過去の過ちについて自国の若者に教えていない。橋本龍太郎首相は第二次世界大戦終結五二周年(一九九七年)に際して『心からのお詫び』を、同年九月の北京訪問時には『深い反省の気持ち』を表明した。しかし、中国や韓国の国民が日本の指導者に望むような謝罪はおこなわなかった。過去を認め、謝罪し、前に進むことを日本人がこれほど嫌がる理由が、私には理解できない。どういうわけか日本人は謝りたがらないのである。謝罪するとは、過ちを犯したことを認めることだ。後悔や遺憾の意を示すのは、現時点での主観的な感情を表明しているにすぎない。日本人は南京大虐殺が起こったことを否定した。韓国人、フィリピン人、オランダ人などの女性たちが、拉致あるいは強制によって前線の兵士たちのための『慰安婦』(性奴隷の婉曲表現)にさせられたことを否定した。満州において中国人、韓国人、モンゴル人、ロシア人などの捕虜を生きたまま残酷な人体実験に使ったことを否定した。いずれの事例についても、日本人自身の記録から反論の余地のない証拠が出てきてようやく、彼らは不承不承ながら事実を認めた。今日の日本人の態度は将来の行動を暗示している。もし彼らが過去を恥じるなら、それを繰り返す可能性は低くなるだろう>

 


僕は東アジアにおける地政学的な大変動が今後の日本においては最大の課題と思ってるんですが、その地域にある心理的な土壌に対する無理解が一番懸念されます。

これが最大のリスクと言ってもいいくらい。

韓国との関係は、現在は感情的な縺れが複雑過ぎて、しばらくは「静観」せざるを得ないと感じていますが、「日本にとって」極めて危機的な状況にあると思ってます。

韓国と北朝鮮が一緒になって、中国と陣営を組んで日本に迫ってきた時、日本としてどういうスタンスを取るのか、与党も野党もまじめにかんがえてるんですかね?

 


<日本占領時代の私の経験と、恐怖を覚えていた日本人の特質にもかかわらず、今の私は日本人を尊敬し、称賛する。彼らの団結力、規律、知性、勤勉さ、国のために進んで犠牲となる精神がすばらしく生産的な力を生み出している。資源の乏しさを自覚している日本人は、達成不可能なことを達成するためにさらに努力しつづけるだろう。あの文化的価値があれば、彼らはどんな大災害があっても、唯一生き残るだろう。日本は折に触れて地震や台風、津波など予測不能な自然の力による打撃を受ける。被害を受け、立ち上がり、再建する……大地震に襲われた一年半後の一九九六年に神戸を訪れたとき、日常生活が取り戻されていることに私は驚いた。あの大災害に冷静に対処し、新たな日常をすでに取り戻していたのである>


同じくリー・クアンユーの発言。

こういう見方をしっかりと未来につなげていくことが極めて重要だと思います。

 

 


「日本がこの課題を乗り越えていけるのか?」


ジャレドの主なまとめは以下。


<楽観的要因>

①過去にも危機を解消した経験がある。(明治維新と第二次大戦後の復興)

②失敗や敗北から回復する忍耐力と能力が過去に実証されている。

その他、多くの楽観要因があることも記されています。


<解決のための障害>

①環境変化によって時代に合わなくなった伝統的価値観

②第二次世界大戦の捉え方(責任を受け入れるのではなく、自己憐憫や自国の被害者性ばかりに集中する)

③公正で現実的な自己認識の欠如(人口減少への過度な悲観、移民政策)

 

日本に対して好意的な人物から見ての評価。

さてさて。

(メモ)「2050年のメディア」:コンテンツとしての質の良い記事は必要とされている

本書の冒頭では渡邉恒雄氏の「嘆き」が紹介されています。


<「読売はこのままではもたんぞ」>(18年年初挨拶)


ただトランプ政権の誕生以降、「フェイクニュース」が世界的な政治の重要イシューとなり、むしろ「質の高いニュース」(ファクトに基づき、高い倫理性と哲学に裏づけされた記事)の重要性は高まっていると思います。

そういう記事を書くことができるのは、やはりマスメディアの記者が第一であると位置付けることができるんじゃないですかね。

 


もっとも「コンテンツ」としての「記事」が求められるとしても、それを読者に届ける「ツール」や「仕組み」として、紙媒体の「新聞」が必要かというと、それは相当に疑問。

そうなると「質の高いコンテンツとしての記事を書ける記者」を育成し、生活基盤を提供する「ツール」や「仕組み」として何があり得るのか、その経済規模は今の「新聞」を中心とした「マスメディア」と比べてどうなるのか…ってところが焦点になりますかね。

それが「同じ規模」か「大きくなる」なら、今のメディアに関係する人々をそのまま抱えることができるけど、「縮小する」のであれば、淘汰せざるをえない。

その規模がどうなるかは…

 


もはや問われるのはそういう段階に来ている…というのが渡邉氏の嘆きであり、本書が描いた先にある「未来図」なんじゃないかと僕は思います。

(そこからYahooは身を引いてるわけですが。電子版に舵を切った「日経」も安泰ではなく、そのパッケージ売りがどこまで生き残れるか…ってのはあると感じています)

 


NewsPickとか、そういうとこに踏み出そうとしてるんですがねぇ。

もう一段、ドラスティックな動きが必要かなぁ。

(崖っぷちの毎日・産経の解体。ここら辺がキッカケとなるのではないか、と予想)

 

ただその時、「渡邊恒雄」的な<中心>は必要とされないかもしれません。

そういう意味では、

「このままではもたない」

のは確かなのかもしれませんな。

 

タイムリーでもある:読書録「2050年のメディア」

・2050年のメディア

著者:下山進

出版:文藝春秋

f:id:aso4045:20191120101251j:image


「危機と人類」「古典は本当に不要なのか、否定論者と議論して本気で考えてみた。」と、ここのところノンフィクションは「アタリ」が続いていますが、本書が一番「面白かった」かもしれません。

(「危機と人類」は一番<刺激を受けた>、「古典は〜」は一番<驚いた>…ですかね)

 


90年代後半から現在にかけて、「マスメディア」と「ネット」がどう言う関係性を日本で辿ってきたか、「讀賣新聞」「日本経済新聞」「Yahoo」を軸に時系列的に追った作品です。(そういう意味では「題名に偽りあり」ですがw)

単に事象を追うだけではなく、その背景、そこで苦闘する人間物語を描き、「読み物」として「読ませる」内容となっています。

 


最終的には「電子版を発行した日経新聞の先見性」が売上に反映し(他紙が部数を落とす中、日経は電子版と合わせて維持)、「社内外の闘争を勝ち抜いた讀賣新聞が、本業(新聞発行)において危機感を深める」「ヤフトピ等でマスメディアを翻弄したYahooがメディアから離れていく」と言う形になります。

その過程は極めてドラマチックで、また単純な「勝ち組日経」と収まらないところも読みどころですかね。(ま、On The Wayの話でもありますし)

 

 

日経新聞:電子化を進め、フィナンシャルタイムズの買収等でグローバル化にも着手。編集の現場もデジタル化して、一見「勝ち組」っぽいが、その裏で「スキャンダルによる閉じた組織」となっていて、組織のあり方がネットのオープン性と相反した状況になっている。


讀賣新聞:現社長の山口氏を中心に、「清武の乱」をはじめ、各種の法廷闘争に勝ち抜き、組織としての「勁さ」を高めながら、ビジネスにおいては「あらたにす」の失敗(その最大の原因は讀賣にある)に象徴されるように、ネットの後塵を拝する存在になりつつある。


Yahoo:旧来のマスメディアを「ヤフトピ」「Yahooニュース」で翻弄させながら、組織の官僚化とスマホシフトの失敗によって、「メディア」から距離を置くスタンスをとるようになる。


そしてこの発表。

f:id:aso4045:20191120101304j:image

 

「世界の第三極」になるIT会社を目指すっていうのは、「データを扱う会社になる」といううことであり、それは「メディア」のあり方とは異なる方向性を目指すということでもあるでしょう。

(個人的には「スーパーアプリ」については懐疑的です。と言うか、孫さんってそういう「リアルのサービス」のとこって今ひとつ上手くない印象があるんですけどね。

ま、それは別の話)

 

 

本書読みながら思ったのは、

「いやぁ、この20年はホントに面白い時代やったんやなぁ」

ということ。

同時にそのことに無自覚だった自分の迂闊さも痛感させられましたが。


本書については題名が内容をストレートに反映していないこと(その心意気は分かるんですが)と、装丁が地味なこと(なんか学術書みたいじゃない?)が残念ですが、すくなくとも僕と同年代の人にとっては無茶苦茶面白いと思います。

「イノベーションのジレンマ」の実際…という観点からも。

 


オススメです。

(メモ)「危機と人類」:フィンランドの教育

フィンランドの教育水準が高いことは有名。

本書でも以下のように紹介されています。

 


<国民を有効活用し、生産性を高めるために、フィンランドの学校制度は、全員に良い教育を授けることを目標としている。ほんの一部にだけ良い教育を提供し、大多数には低質な教育を授けるというアメリカの教育システムとはまったく異なる。フィンランドでは、公立学校で平等に良質な教育を受けることができ、私立学校の数はごくわずかだ。アメリカ人富裕層からみると驚きだが、私立学校も公立学校と同水準の公費援助を受けている。また、授業料や入学金を取ったり、寄付金を集めたりして、運営資金を増やすことも許されていないのだ!  アメリカでは教員の社会的地位は低く、学生時代の成績が下位だった者が就くことが多い。一方、フィンランドでは教員採用の競争が非常に激しく、もっとも優秀な学生が教員になる。社会的地位は高く(大学教授よりも上だ!)、給与も高く、全員が大学院の学位を持っており、教授法についても大きな裁量が認められている。これが国際的な学習到達度調査において、フィンランドの生徒たちが読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーで世界トップクラスに入るという結果につながっている。>

 


でもコレは「フィンランドが大国に隣接した小国」だからこその必死の顕でもあります。

まずは少ない国民(600万人)で、一定以上の経済力を確保するための「生産性」を産み出す人材を育成すること。

そして「大国の隣国である小国」が取らざるを得ない政策を理解し、支持できる国民を育成すること。

 

 

 

「フィンランド化」と言われ、国際社会から非難される政策。

 


<一九七九年のニューヨーク・タイムズ紙は「フィンランド化」をこう定義している。「全体主義的な超大国の勢力と無慈悲な政治に恐れをなした近隣の弱小国が、浅ましくも主権国家としての自由を譲り渡すという、みっともない状況」。フィンランド化を公然と非難する人々は、フィンランドの政策は腰抜けの政策であると考えている。

 


フィンランドがおこなったことの多くが実際、西側諸国の専門家を震撼させるのは事実だ。ソ連の逆鱗に触れないために、大統領選挙が延期されたり、大統領候補が出馬を取り下げたり、出版社が書籍刊行を中止したり、報道機関が自己検閲をしたり、などということは、アメリカやドイツでは絶対に起こり得ない。そういう方策は、民主国家の権利である行動の自由を侵害しているようにみえる。>

 


だがフィンランドが生き残っていくにはそうするしかなかった。

その「合理的政策判断」を支持できる国民を育てること。

おそらくフィンランドで教育が重視されるのはそう言う側面もあるのではないか、と。

 


これってある意味「国権主義的」とも言えると思うんですよね。

そういう関連から考えると、「国家が教育に予算を振り分ける」と言うのには、それなりの意味がある。

現状の日本において、もっと教育を重視し、予算を増やすべき…というのは僕も強く思っています。

ただ同時に

「金だけ渡して後は現場任せ」

と言うわけにいかないのも当然と思います。

フィンランドや明治政府のような、国家のあり方を見据えた教育への投資…と言うのはやはり必要です。

 


ただまあ「だから何でも政府の言う通りにしろ」って話ではないですよ。

その前に「国家観」を大いに議論し、そこで方向性の合意を得る必要があります。

その上で、その方向性に沿った「合理的政策」を打ち出していく。

 


「桜を見る会」の人選に、この方向性と合意、合理性があるかっちゅうと…。

子供たちは大喜び:映画評「町田くんの世界」

元々の原作マンガは子供たちが見つけてきて読んでたんですよね。

で、「最近の少女漫画はどんなもんなんかいな」と読んでみたら、これが面白かった、とw。

そのマンガの実写映画化です。

 

f:id:aso4045:20191118095050j:image

町田くんの世界

 

 

僕自身は正直、「どうかな〜」って感じでした。

前半は凄く面白かったんですが、終盤の「ファンタジー」展開が…。


本作には佐藤浩市が演じるオリジナルキャラの編集長が登場します。

彼は多分「善人」ではあるんだけど、この世界の「善意」はもう信じれなくなってるんですよね。

で、その中で社会が求めるものと自分の存在意義を考えて、「エンタメ」(それはゲスなスクープだったりするんですが)を提供していくことを決意しているというキャラ。

「町田くん」はその対極にいるキャラで、町田くんと出会った佐藤浩市の部下の編集員(池松壮亮)は、一度は「この世界はクソだ」と思ったんだけど、もう一度「善意」を信じてみようと思う。

…というストーリーが映画オリジナルの展開としてあります。


これは分かるんですけどね。

だけどそれを「聖痕物語」にして、「ファンタジー(奇蹟)」として表現するのはどうかと。

結局、そういう作り方をしている製作者は、佐藤浩市と同様、本心では「この世界はクソだ」と思ってるんじゃないか、と。

 


…なんですが、子供たちに聞いたら、

「いやぁ、面白かった!」

って大満足風なんですよね。

終盤のファンタジー展開も、結構笑いながら「OK、OK」って感じ。


なんか変に批判的になって観るのもどうかな、と思いました。

終盤の展開も含めて、楽しいですしね。

前田敦子、サイコーだしw。

 


マンガも映画も、これが「作り事」だってことは大前提。

世界観や物語を作っていく中で、なんらかの「希望」のようなものを読む者/観る者に与えることが、作品のテーマ(と言うか心意気)なのかも。


「大変だけどさ。でも悪くはないかもよ、この世界」


なんで、マンガも映画もオススメです。

どっちかなら、マンガの方をオススメしますがw。

怖えよ、ジャッキー:映画評「復讐者」

映画館で予告編を見て、

「観たいな」

と思ったんですが、結局公開では見ず、iTunesにて。

 

f:id:aso4045:20191117095015j:image
The FOREIGNER 復讐者

 

 

ロンドンで食堂を経営する中国人の娘がアイルランド・テロに巻き込まれて死亡。

その犯人を求めて、中国人は元アイルランド過激派の副首相に接触するが、相手にしてもらえない。

しかしながら実はこの中国人は凄腕の元・特殊工作員で…


という話。

ま、「なーめてーたー」ストーリーですねw。

この中国人をジャッキー・チェンが演じ、副首相をピアーズ・ブロスナン、監督を「ゴールデン・アイ」のマーティン・キャンベルがやってます。


こういう話、面白いのは面白い。

ジャッキー・チェンは「陽気な笑顔」を封印し、家族を亡くした悲嘆の演技と、「復讐者」としての厳しい表情で迫ってきます。

結構、「怖い」んですよね。ジャッキー・チェンの無表情。

f:id:aso4045:20191117095040j:image

 

ただまあ、個人的にはもうちょっとスッキリさせて欲しかったかぁ。

ジャッキーについてはリアルなアクションをやってますが、もうちょい「無双」で行った方が「なーめてーたー」感が出たんじゃないか、と。(イコライザーのデンゼル・ワシントン」のように)

 

ストーリー的にはアイルランド・サイドの方が複雑すぎる。

プロズナンはある種の「仕掛け」をイギリス政府にかけてるんですが、それを仲間に悪用され、身内にも裏切られ…って感じになります。このどんでん返し的な関係が、ジャッキーの「敵」としての立ち位置を微妙な感じにしちゃってるんですよね。

正直、ここはもっと「悪役」然としたほうが、全体としての構成はスッキリして、楽しめる映画になったと思います。

 


でもまあ、全体としては楽しめるっちゃぁ楽しめます。

ジャッキー・チェン/ピアーズ・ブロスナンの共演というのは、なかなか「絵」として新鮮なものもありますし。

この手の映画好きなら、観ておいて損はないかと。

傑作とかじゃないですけどねw。

肯定派はマジで戦略を考え直した方がいい:読書録「古典は本当に必要なのか、否定論者と議論して本気で考えてみた。」

・古典は本当に必要なのか、否定論者と論議して本気で考えてみた。

編:勝又基、否定派:猿倉信彦・前田賢一、肯定派:渡部泰明・福田安典、司会:飯倉洋一

出版:文学通信

f:id:aso4045:20191116094419j:image


HONZで書評が出てて、面白そうなんでポチッと。

読み始めたら止まらなくて、1日で読破してしまいましたw。

 


まずは僕のスタンス。

「古文」に関しては劣等生でしたが、「古典」の重要性は高いと考えています。

ただ「文法のための文法」としての古文には否定的で、それは「学問としてやるべき人が追求すればいい」とのスタンス。(嫌いだったから…ってのは否定しませんw)

そういう意味では、

「中学まで文法を教える<古文>は必須で、高校は選択制。ただし<古典>としてコンテンツは国語教育の中で教えることは重要(その場合は「現代語訳」になります)。大学入試は、<古文>はセンター的なものでは対象とせず、大学が個別に実施する入試には学部によっては対象としても可」

あたりが「中高教育における古文」の位置付けとしては妥当と思っています。

 


本書で一番ショックだったのは、「肯定派がほとんど否定派の主張に応えていない/答えられていない」という点です。(その点は肯定派である司会者も編者も認めています)

猿倉氏は「圧勝」と言ってますが、(それで「正しさが証明された」訳ではないにせよ)シンポジウムとしては「その通り」と言わざるを得ないと思います。

しかも背景を記した勝又氏の文章を読むと、

 


<猿倉氏の発表趣旨、「現代を生きるのに必要度の低い教養である古典を高校生に教えるのは即刻やめるべき」は、過激さに目を奪われがちだが、実は考え抜かれたものである。氏はシンポジウムが始まる数日前に、約6000字におよぶ発表素案を肯定派パネリストに送り、「目からウロコの反論が聞きたい」と申し出た。そこで提出されたのが、「高校生に古典教育は必要か」という論点である。>

 


とのことなので、肯定派にとっても「不意打ち」ではなかったはず。

にも関わらず、肯定派サイドの発表が「古典っていいもんだよ」「古典文学研究にも意義があるんだよ」という漠とした主張(反論にもなってない)のではどうにもならない。(否定派は古典を否定するのではなく、「それは好きな人がやればいいんじゃないの」といってるのであり、しかも最低バーとしての教育の必要性は中学教育において認めている)

確かに肯定派の人選が「学者」で、「教育の専門家」ではない点にズレはあるとはいえ、(英語入試の民間業者導入が社会的議論になるように)高校教育のあり方は一般的に語られて然るべきテーマであり、そのテーマに対して専門家の知見を背景とした反論は当然のことながら「ありうべし」であったと思います。

(「いいもんですよ」とだけいって、限られた資源(「高校教育」という時間)における優先順位付けを避けるのは、「判断は他人任せ」という点において「逃げ」とも言えますし、その結果優先順位が落ちた時、文句だけ言うのはやめてくれ…と言いたくなるでしょう)

 


ここら辺の感覚差について、司会の飯倉氏は、

 


<司会の感触としては、古典教育・古典研究の場においては、日本に暮らす以上、日本の古典は必須の教養であり、古典が必要なことは自明だという前提であらゆる議論が立てられてきた>

 


と触れていますが、なんちゅう傲慢なことか、と思っちゃいますね。「古典は必須の教養」と考える僕でも。

こういう独りよがりな「自明」設定が自らの首を絞めてることを自覚した方が良いし、それが「可視化」された点に本シンポジウムの意義はあったと考えます。

(「自明じゃない」と考える人が多数派…とは思いませんが、「自明じゃない」人(否定派)がしっかりと論を展開するのに対して、「自明」と思ってる人話す術がなく、結果として自分たちが「自明」と思ってたものの生き残る余地を狭めてしまう…という点があきらかになっています)

 


一番心配なのは、「結局<古典>を学んでる人って、こういう独りよがりな主張しかできないんだ」と整理されてしまうこと。

そう思われたら、「それは<教育>じゃなくて、<趣味>の場でやってください」って話になりかねない。

その危険性すら、肯定派の対応には感じられました。

 


まあ、多分「ガン」なのは<文法>ですw。

「古典が重要」

ってのは、多少ココロある人は考えてますよ。

コンテンツ&その歴史的位置づけにおいては。

でも「あり、おり、はべり、いまそがり」が重要と言う人はそこまで多くないw。

それを「高校教育において必須」という位置づけにするのが本当に必要なことなのか。

…聞きたいのはソコです。

そしてその答えはこのシンポジウムの肯定派の方々から聞くことは出来なかったのが残念…ってのが総括ですかね。

 


正直言って、学者が何でもかんでも優先位付けで論拠を張るの無理だし、それをやる時間があったら研究を進めてよ…って気持ちもわかります。

ただ「時間」や「予算」が限られる以上、「優先順位付け」は必ず必要です。

それを「他人任せ」にしてて良いことはないですよ…ということでしょうか。

 


難しい話ですが、こういうシンポジウムくらいでチャンと論陣はるくらいのことはできないとなぁ…。