鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

「パク・セロイ」の呪い:ドラマ評「梨泰院クラス」

「愛の不時着」と並んで、Netflix公開で上位を走る韓国ドラマ「梨泰院クラス」。

ようやく観ました。

「愛の不時着」の沼に思いの外、長く浸かってたので、手を出すのに躊躇してたんですが、見始めたら、こちらも一気でしたw。

ストーリーとしては「愛の不時着」よりもよくできてるかも…。

 


<以下、若干ネタバレを含みますので、ご覧になる予定の方は読まないでください>

f:id:aso4045:20200714064255j:image


ただ僕個人としては「愛の不時着」ほどはハマらなかったかなぁ。

ストーリー展開には熱くなったし、主人公たちにも十分魅了されました。

でも「愛の不時着」ほど、登場人物たちに「愛しさ」を感じるとこまでは行かなかったと言いますか…。

っつうか、「そりゃ<愛の不時着>にハマりすぎやろ」って話なんですがねw。

(ユン・セリ。好きなんですよ〜)

 


十数年にわたる「復讐&成り上がり」物語なんで、色々な枝葉もあるんですが、メインとなるのは以下の二点。

 


①主人公(パク・セロイ)のチャン・デヒ(韓国の外食企業No.1のトップ)に対する復讐譚

②主人公をめぐる、幼なじみ(オ・スア)と仲間(チェ・イソ)との三角関係

 


この復讐譚の方は、本当にお見事。

そもそもの発端、息子のケンカに頭を突っ込んだチャン・デヒが、「私情」に従って主人公を不幸のどん底に突き落としたところから始まり、ラスト、「私情」を戦いに持ち込んだことで決定的に敗北する流れ(その象徴がパク・セロイの「土下座」を巡るシチュエーションです)。

チャン・デヒへの最後の声掛けとあわせ、ここの見事さはグッと来ます。

 


一方の三角関係。

こっちは、僕個人としては「いやぁ、どうでもいいなぁ」とw。

もっと言うなら「十数年も宙ぶらりんにして、そりゃアカンやろ!」。

決着自身は「まあ、こうだよね〜」なんですが、だったらもう少し早く…。

 


考えてみたら、チャン・デヒも、オ・ソアも、チェ・イソも、パク・セロイの「信念」に十数年間振り回されちゃったとも言えなくもない。

そしてエピローグに見られる「パク・セロイ」の笑顔には、彼自身もまた、そこに縛られ、そこから解放されたとも…。

つまり壮大なパク・セロイの「呪い」を巡る物語でもあったのではないか…ってまあ、そんな斜めに見る必要は全然ないんですがw。

素直に見れば、スッキリ、面白く、時に感動しながら観れるドラマなんですから。

(仲間の一人のトランスジェンダーを巡るエピソードは、本当に感動的でした)

 


まあ、観終わって、

「人気出るのも分かるわ」

ってトコです。

楽曲も格好いいんですよね。

 


…と言いながら、多分次に見直すのは「愛の不時着」の方w。

シャーリーズ・セロンが「男前」過ぎるw:映画評「オールド・ガード」

それに尽きる、Netflixオリジナル映画。

f:id:aso4045:20200712094055j:image

 

 

Netflixオリジナルは「当たり/外れ」が激しいですがw、アクション映画では「タイラー・レイク」と本作は「当たり」。

これをストリーミングで気軽に見れるってのは、ほんとありがたい。(もちろんアクションなんで映画館の方が…ってのもありますが)

 


しかしマジこの「シャーリーズ・セロン」の男前ぶりはなんなんっしょ。

「惚れる」んだけど、完全に「憧れ」「感服」という「漢惚れ」の世界。

色気はあるんだけど、99%「男の色気」やもんなぁw。

ストーリー的には「不死身の戦士」ってのが面白いっちゃあ面白いんですが、そこまで感心できるものでもない。

ないんだけど、シャーリーズ・セロンの漢っぷりで魅せるという…w。

 


続編。

あるよね。

この引きやもん。

 


いやぁ、楽しみやわぁ。

ドラマチックじゃないからこそのインパクト:読書録「82年生まれ、キム・ジヨン」

・82年生まれ、キム・ジヨン

著者:チョ・ナムジュ 訳:斎藤真理子

出版:筑摩書房

f:id:aso4045:20200707203322j:image


「こりゃ、簡単に感想を書ける本じゃないなぁ」

 


…ってのが読後の第一印象。

今もそう思ってて、チャントした感想が書ける気がしません。

 


82年生まれのヒロインの「人生」を辿りながら、

その母親、姉

学生時代の友人、先輩

会社の上司、同僚

等、関わりのあった女性たちの経験や想いなども交差しつつ、現代韓国における女性の「生き辛さ」のようなものを描いた作品。

 


「キム・ジヨン」のこれまでは、他に比べて特段不幸であるというわけでもなく(むしろ恵まれてる面が多い)、虐げられているようにも見えない。

どちらかと言えば「平均以上の、平凡な人生」…ドラマチックな展開のほとんどない中に、浮き出してくるものが本書のインパクトなんだろうな、と。

そこが現代日本に生きる女性たちに通じるところがある…ってのも、頭では理解できるつもりです。

 


「理解だけじゃ…」

ってのは本書の終盤、突きつけられもするんですがね。

(韓国で本書は議論を巻き起こし、相当な反発も受けたってことらしいんですが、議論はともかく、「反発」の方はちょっとピンときませんでした。

そっちの方の「理解」が僕には足りんのかも)

 


小説としては、冒頭のヒロインが色々な女性に「憑依」されるところが面白い。

そのままその設定を生かしながらコメディ的なドラマを作るってのもあったと思うんですが(結構面白くなりそう)、「そうしない」ことで本書は「力」を持ったとも言えるんでしょう。

そういうドラマチックな展開を排したことで、ね。

 


<以下、ネタバレあり。

本書を読む予定がある方は、以降は読まないでください>

f:id:aso4045:20200707203329j:image


本書では「女性」には「名前」が与えられますが、「男性」は1名を除いて「名前」が与えられません。

この仕掛け自体が、社会において名前を奪われる存在である女性からの痛烈なしっぺ返しになっています。

その中で唯一「名前」を記されるのが、主人公の「夫」。

彼はナカナカ「良い人」ではあるのですが、一方で無意識的ではありながらも主人公を追い詰める社会の「あり方」の一端でもあります。

それでも「彼」に「名前」が与えられるのは、女性がここから踏み出していく上において「彼」(女性のパートナー)に期待がかけられているってことなんかなぁ

…なんて、漠然と思ったりして。

 


「どうなんだろうね」

 


と妻は懐疑的ですがw。

 

新趣向の解説書?:読書録「フラウの戦争論」

・フラウの戦争論

著者:霧島兵庫

出版:新潮社

f:id:aso4045:20200706201800j:image

 


「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」

 


…のクラウゼヴィッツの「戦争論」が書かれる過程を小説仕立てで追いながら、「戦争論」の概要を解説する構図になっている作品。

クラウゼヴィッツ自身が経験した「ナポレオン戦争」の6つの戦いを回想しながら、「戦争とは何なのか」を追いかけつつ、クラウゼヴィッツと妻マリーの穏やかな生活も描くという、なんか変な構成の作品なんだけどw、これがナカナカ面白い。

僕自身はクラウゼヴィッツの「戦争論」は読んだことなくて、漠然とした概要くらいしか知らないんですが、読み終えると、難解と言われる「戦争論」について、何某か「分かったような」ことを言えるような気分になりますw。

 


良くも悪くもキーは「ナポレオン」。

戦争の天才であり、絶対戦争(相手を叩きのめす戦争)においては絶対的であった「ナポレオン」が、なぜ最終的には敗れざるを得なかったのか。

鮮やかなナポレオンの戦いに魅入られながらも、クラウゼヴィッツは「局面の戦闘に勝つだけでは戦争に勝利することはできない」という観点から、「政治」などの外部要因によって帰趨が左右される「制限戦争」の概念を考えます。

 


「戦闘に勝つ」≠「戦争に勝つ」

 


それ故にこそ、「戦争論」は単なる戦略・戦術論にとどまらず、哲学・概念的な内容を孕むことになります。

 


<戦争は暴力と暴力のぶつかり合う単純な闘争行為に見えて、その実、矛盾と混沌に満ちている。戦争のある側面を捉えているからといって、その一面的理解を基礎として全体を単純化してしまった理論は、いつの日か現実に報復される。>

 


もっともナポレオンの戦いぶりがあまりにも鮮やかなために、その分析に力が入ってしまい、結果として「戦争論」そのものが一貫性を欠いてしまった面もあるようですがw。

ここら辺、実際の個々の戦闘の経緯なんかとも重ね合わせることで、多面的でありながらも、臨場感のある内容になっています。

 


ただ個人的にはもうちょいクラウゼヴィッツ夫妻の姿を見たかった気分もありますがね。

この二人の漫才的な駆け引きは、クラウゼヴィッツのちょっとした間抜けぶりもあって、ナカナカ微笑ましいんですよ。

史実としても、「戦争論」を世に出したのは、遺稿をまとめた妻のマリーのようです。

夫妻の凸凹ぶりが気持ち良くて、悲惨な戦闘の経緯を追いかけるよりは、こっちの方を描いて欲しかったなぁ…

 


…って、ここんところ「逃げ恥」やら「愛の不時着」やらで、好き同士のマッタリドラマを見過ぎたかなw。

 


概念的な「戦争論」の面倒臭さwに比べて、本作は読みやすく、楽しい出来。

僕は好きですよ。

これは、ちょっと…:映画評「ルパン三世 The First」

ルパン三世、初の3DCGアニメ。

監督はCG職人の山崎貴。

山崎監督は「ドラえもん」の3DCGもやってて(Stand by me)、その時の印象は、

「まあ最大公約数的に上手くまとめてるかな?」

って感じだったんですが、さてルパンの方は…

f:id:aso4045:20200705091616j:image

 


結論から言うと、僕は「ダメ」でしたね。

3DCGとかはよくできてるし、「お?」と思う絵もあります。

動きもいい。

でも、「脚本」が全くダメです。

ちょっと驚くくらい出来が悪い。

 


キャラとかもブレブレですからね。

まあ、レギュラーメンツは出来上がっちゃってるから、そうでもないんですが、オリジナルキャラクターは、「ほぼアウト」。

ヒロインの「祖父」とか、キャラがブレ過ぎでしょう。

おかげで「ラスボス」が誰なんだかまでブレちゃうという…。

いやぁ、もう半分くらいでキツくなりました。

(ここら辺、感心するくらいキャラ&脚本の出来が良い「愛の不時着」を観た後に観たのもマズかったかもw)

 


山崎さんは自分の3DCG部隊を維持していくために、かなり色々な仕事を受けてるようです。

それ自体はある意味、責任感のある対応。

だとしたらそっちに専念して、少なくとも「脚本」はやめたほうがいいんじゃないですかね。

このレベル感の脚本で作品を作られたら、ちょっとたまらないですよ。

3D CGの出来が良ければ良いほど…。

 


まあ、正直「ルパン三世」自体が潮時なのかも。

最低でも「カリオストロ」の呪縛からは解放してあげないと…。

…と、もう二十年くらいそう思ってるんですがw、改めて痛感しましたね。

やってみたくなる気持ちは、わからなくもないんだけどさ。

初、韓流ドラマ。ファンタジーですw:ドラマ評「愛の不時着」

なんかNetflixのランキング1位にずっと出てくるし、流行ってるようだから、1話くらいみてみるか

f:id:aso4045:20200701083115j:image


美男美女のシリアスメロドラマかと思ってたら、コメディやん、これ。

 


主人公もヒロインも、美形やけど、どっか間抜けな感じがあるなぁ。まあ、好感は持てるけど、憧れるような感じちゃうな。

 


ああ、この北朝鮮の田舎村、なんか懐かしい感じ。相互監視の怖さもあるけど。

 


誠実ないい男やん。意地っ張りで、気が強いけど、笑顔のええ娘やん。

 


中隊のメンバーや、村のおばちゃんたちのコメディのり、好きやなぁ。

 


好き同士やん。これ。「逃げ恥」やん。

 


いいなぁ、こう言う雰囲気の関係。このままズ〜っとこんな感じで…行けるわけないか…。

 


おお!派手なアクション!やるな、ニイちゃん!

…ああ!ああ…

 


置いていけるわけない。ないなぁ。切ないなぁ。

 


ああ、線を超えて…。そりゃなぁ、一緒には…。そんな、泣かんでも。

おお!…ああ…。

 


ここで!こんな感じで!

 


うん、うん。このメンツも集合せんとね。

 


楽しそうやん。なんか、こう言うのもいいね。脱北したら?

 


誕生日。いや、これは…。

 

 

 

おお!またまた派手なアクション!ジョンヒョク、無双ちゃう?

お!レザボアドックスか!w

 


ああ!…ああ!…

 


切ない…

 


お母さんと和解は良かったな。

 


泣くなよ。そんなに泣くなよ。

 


線を超えて…戻ってくる!

 


いやぁ、これだけメールの事前登録したんか。

マメやなぁ。

 


うんうん。毎日を大切に幸せに過ごすのは大事なことだよ。

 


そんなわけあるかい!

 

 

 

でも…これでOK!!

 

 

 

*1

韓流ドラマは初体験ですが、韓国映画は観ます。

「脚本が練られてるよな〜」

と思うことが多いんですが、その土台はドラマの方にあるのかもしれないと痛感しました。

 

 

 

*2

土曜日に第1話を見始めて、月曜の夜に最終話(第16話)視聴という、ハイペース。(一部飛ばしつつ…)

 


*3

北朝鮮が題材の作品で、かなりしっかりとした調査もされてるようだけど、基本的には「

ファンタジー」と観るべき。

イデオロギーを絡めたら、訳わからんようになります。

 

 

 

これはナカナカ整理しづらい本…:読書録「国のために死ねるか」

・国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動

著者:伊藤祐靖

出版:文春新書(Kindle版)

f:id:aso4045:20200630082023j:image

 


「邦人奪還」を読んで、先立つ著作を読んでみたくなりまして…。

まあ本書の評判は以前から聞いてはいたんですけどね。

 


「題名がムチャ<右>っぽいけど、中身は全然違う」

 


「邦人奪還」もそうですが、<右翼>でも<軍事マニア>でもなく、リアリズムに支えられた、それでいて思想性もありつつ、自分自身の「迷い」にも誠実な…なかなか読んで「こうだ」と片付けにくい作品ではあります。

僕自身、決して堂々としたツラで作者の前に立つモノは持ち合わせて無いな、とは思いました。

 


前半はご自身の経歴と重ねながら、自衛隊の「特殊部隊」を創設し、育てるに至った経緯と、その背景にある自分の考えが主な内容。

後半では自衛隊を辞した後、主にミンダナオ島での経験から、戦闘の真髄、さらにはその向こうにある「日本のあり方」に関する考えや迷いが語られます。

 


ベースにあるのは「特殊部隊」という究極の<現場主義>のリアリズムなんですが、興味深いのは、そういう考え方を作者が身につける上で影響したと思われる人物。

特に陸軍中野学校出身の父親と、ミンダナオ島で「助手」(実質的には「師匠」)ラレイン(仮称・20歳そこそこの女性)の二人。

印象的すぎて、この二人の話をじっくり描いてほしい…と思ったくらいです。

 


思想形成の方に影響した父親に比べて、ラレインの方はある種の「パラダイムの変換」をもたらす存在。

「戦闘術」「死生観」のシンプルながらも究極のリアリズムから、「国家の基本骨格(日本においては日本国憲法)」への痛烈な批判等、突きつけてくるものがあります。

 


<「祖先の残してくれた掟を捨てて、他人が作った掟を大切にするような人を、あなたは、なぜ助けたいの?  

そんな人たちが住んでいる国の何がいいの?  

ここで生きればいいじゃない。この土地に本気で生きている人たちと一緒に生きればいいじゃない。みんな、あなたのことが大好きよ」

「……」

「みんなと一緒に、ここで生きなさいよ。どうしても、祖先が残してくれた掟を捨て、他人が作った掟を大切にするような人を守りたいというのならそう言いなさい。私は、そういう人と同じ時間を生きないの。どちらかが死ななければならないわ」>

 


その切っ先に、作者は逡巡する。

 


<自分が目を背けている日本の現実とはなんだろう。日本は、戦争に負けて、国としてのあり方を変えたのか、変えていないのか?  

実は、変えたくせに変えていないふりをしているのではないのか。それも自主的に変えたのではなく、強制的に変えさせられたのに、そこをうやむやにしようとしているのではないのか。  

民族として、国家として一番してはいけないことをしている気がしていた。>

 


だが戦後日本のあり方を振り返る時、それだけでない姿も見えるようにも思い、さらなる作者の逡巡は続きます。

そこに明確な「答え」は用意されていません。

 


「国のために死ぬ」人間である<特殊部隊員>。

しかしそのためには「死ねる」だけの「何か」が「国家」が示さなければならない。

 


<せっかく、一度しかない人生を捨ててまで守るのなら、守る対象にその価値があってほしいし、自分の納得のいく理念を追求する国家であってほしい。  

それは、満腹でもなお貪欲に食らい続けるような国家ではなく、肌の色や宗教と言わず、人と言わず、命あるものと言わず、森羅万象すべてのものとの共存を目指し、自然の摂理を重んじる国家であってほしい。>

 


「テロリズム」への<理解>等、やや危ういモノもはらみつつ、作者は考え続け、それを我々にぶつけてきています。

僕自身は「共感」できるものもあれば、「それはどうかな?」と思うところもあり…。

ただ確からしいものとして、それを作者にぶつけることは僕にもできません。

(僕自身は「戦前回帰」と「日本古来」を混同する考えには賛同できません。

一方で、上記にまとめるられたような「国家観」には共感できます)

 


まあでも、真摯で真面目な人だと思いますよ、この作者。

 


<そう考えると、テロリストも、イコール社会秩序を破壊する者だと決めつけるのは早計かもしれない。実は、満腹のくせに、更なる富や快楽を手に入れようとする勢力に追い詰められた者の断末魔の抵抗ともいえないか。その抵抗を排除しようというのが、「テロとの戦い」なのではないか、と思えてくる。  

満ち足りてなお、資源、市場の獲得のために活動する軍隊こそ、自然界のルールを無視した人類の敵、いや自然界の敵ではないのか。そういう国と歩みを同じくするのが日本の目指す姿なのだろうか?「はいはい」と言うことを聞いているうちに、一番したくないことをするはめになるのではないのか、と思ってしまう。>

 


なかなかここまでは言えないでしょう。

 


並行して、「愛の不時着」を楽しんでいる最中。

ちょいと複雑な気分にもなりますw。

一読して、ストンと腹に落ちるような本じゃないし、そうあるべき。

…と僕は思うんですが、いかがでしょう?