鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

コロナにとらわれず、本質的なところを語り合う(もうちょっとコロナについて語ってほしかった気もしますがw):読書録「何とかならない時代の幸福論」

・何とかならない時代の幸福論

著者:ブレイディみかこ、鴻上尚史

出版:朝日新聞出版

f:id:aso4045:20210121222748j:image

 


3月にEテレで放映された対談に、秋に新たに行った対談を加えた作品。

もともとは鴻上さんの人生相談に興味を覚えていたブレイディさんからのご指名で対談が決まったようです。

 


後半の対談は、もちろん「コロナ禍」の渦中での対談になるんですが、「日本・イギリスの状況」を超えて(もちろん「事象」としてはコロナ禍でのアレコレが取り上げられるんですが)、そこにとらわれず、もっと本質的なことを語り合っています。

それが良いっちゃあ、良いんですが、個人的興味としては、もっとイギリスの状況やコロナ対策の具体的なところを教えてほしかった気分も…。

まあ、それは他のところで…ってことですわねw。

 


対談の軸としては、最近、鴻上さんがテーマとして追いかけている「世間/社会」をめぐって話が進みます。

 


世間:「あうん」の呼吸で、身内感覚の人間関係が成立しているが、同調圧力が強く、排他的

社会:法律やルールに基づいて、多様性と包摂を重んじて、多様な(人種も超えて)人間が関係性を構築する

 


…みたいな。

 


もちろん日本は「世間」が強い社会で、イギリスは「社会」が前面に出た社会。(「社会はない」といったサッチャーから、コロナから生還して「社会はあった」といったジョンソンまでの流れもあって、イギリスもそんな単純じゃないけど)

ただ一方的にどっちが優れてるって話をするんじゃなくて、

 


「日本も良いとこあるんだけど、やっぱこう言うとこはなぁ」

「イギリスもここは全然ダメなんだよね〜」

 


と行き来しつつ、それでも

 


「日本の今後を考えたら、<社会>のあり方を考えていくしかないよね」

 


って感じになっていきます。(そもそも今でさえ日本は外国人居住者の多い国ですから)

そのポイントが「教育」って言う点も含め、僕は非常に興味深く読ませてもらいました。

 


ブレイディみかこさん。

 


パンクで骨のあるリベラルなんですけど、「夢想家」ではないですね。

ブレアの教育理念・方針等には賛同しつつ(確かに紹介される教育のあり方には感心させられます)、新自由主義や緊縮財政のことは無茶苦茶「敵視」。

そこらへんで日本のネット・リベラルには反感持たれてるトコもあるようですが、個人的には通じるとこ、あるんですよね〜。

ちょっとここら辺の著作を読んでみたい気がしました。

 


あと「ブルシットジョブ」。

なんか「マックジョブ」のさらに<下流Ver.>みたいに勝手に思ってたんですが、全然違うんですねw。

こちらも興味を惹かれます。

 

 

 

<みんなやっぱり、何とかしなきゃって思ってるんですよ。だからあとは、突破口が見つかれば、それをきっかけに少しずついろんなことが変わるかも。(中略)

こんな時こそ、何かが始まるきっかけにはなり得る。その可能性は否定しません。>

 


最後のブレイディさんの言葉。

 


そうあって欲しいものです。

「陰謀論」からはかなり遠い作品:読書録「陰謀の日本近現代史」

・陰謀の日本近現代史 戦争と大事件の「闇」を照らす

著者:保阪正康

出版:朝日新書

f:id:aso4045:20210120205228j:image

 


「へえ、保阪さんが<陰謀論>の本を書くなんてな〜」

と珍しく思って手に取ったんですが…

 


全然違ってましたw。

 


なんか、ここら辺のことを取り上げると、

「日米開戦はルーズベルトの謀略だった」

みたいな話になって、「日本はハメられた」「日本は悪くない」みたいな主張が出てきそうなんですが、本書では「ルーズベルトが日本の先制攻撃を望んでいた」ってのは「事実」。

「いや、それは公文書でも明らかになってますからね」

と軽い扱いですw。

 


で、そこら辺を期待して読むと(帯にはそれっぽい雰囲気もあるんで)、中身は「昭和軍人のダメさ加減オンパレード」w。

東條英機を筆頭に、いやぁ、メタメタです。

保阪さん、やっぱ変わってないわぁ。

f:id:aso4045:20210121064649j:image

 


…ん、もしかしてこのミスリードそのものが保阪さんの仕掛けた「陰謀」…?w。

 


作品としては個々の事案を取り上げ、その背景を深掘りしつつも、明治維新以降の日本の政治・軍事の流れを大きく眺めながら、昭和の軍事指導者が如何にどうしようもなかったかを、とにかく語ってくれます。

太平洋戦争の流れを追いながら、軍事指導者がドンドン着地点を見失い、迷走していく姿をフォローしてくれているんですが、腹が立つというか、虚しいというか…。

 


「やっぱ、この途は二度と辿ったらあかんやろう」

 


と痛感させられます。

 


今、日本はコロナ対応で右往左往していますが、東アジアの中で劣等生になりつつあるのは、私権の制限や個人の自由の制限に対して、非常にナーバスになっているから…でもあると思います。

それは欧米に比較してもそうでしょう。

そのことに苛立ちを感じることもあるんですが、これだけおっかなびっくりでやってるのには、それはそれなりの歴史の背景もあるわけです。

そのことを考えると、歴史や社会を踏まえたギリギリのところで、なんとか折り合いをつけながら、頑張ってるのかなぁ…などと思ったりもします。

(そうはいっても、第3波がおさまらない中、次のステップにおそるおそる踏み出しつつもあるようですが…)

 


本書は読んでて楽しい一冊じゃありません。

ハッピーエンドじゃもちろんないし、「あれはあれで仕方なかったんだ」って赦しもありませんから。

それでも、「今」から「未来」を考える上で、「読むべき」内容は含まれていると思います。

 


「油断したら、もう一回、この途を辿る可能性だってあるんだよ」

 


と言う意味で。

「歴史に学ぶ」

重要です。

 

仰々しい題名ですが、言ってることは割と常識的と思うんですがね:読書録「叩かれるから今まで黙っておいた『世の中の真実』」

・叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」

著者:ひろゆき(西村博之)

出版:三笠書房

f:id:aso4045:20210118165503j:image


個人的な印象では西村博之さん(ひろゆき)については、

「頭がいいのは分かるんだけど、神経を逆撫でするような言いっぷりが、ちょっと…」

って感じがありますw。

「2ちゃんねる」時代の運営スタンスも、あんまり好きじゃないですかね(じゃあ、どうすれば…ってのもありますが)。

 

 


ただこのコロナ騒動の最中、コメンテーターとして発言されている内容を見ると(TVはあまり見ないので、正確にはそれをモトにした「記事を読むと」ですが)、

「コメンテーターの中ではかなりバランスの取れた発言をしてるんじゃない?」

って印象を持つようにもなりました。

まあ、相変わらず物言いは「何」なところありますけどw。

 

 


そんとき目について購入したのが本書。

題名としては「不都合な真実」っぽい感じになってますが、読んでみると、

「いや、基本的にはこういうものでしょう」

ってのが僕の感想でした。

ところどころ、「お、そこに言及すんの?」(上級国民のところとかw)ってとこもありましたが、そんな非常識なこと言ってるわけでもないし、そこは「ひろゆき」節と言うことで…。

スタンス的には少し前に読んだ出口さんの作品(「自分の頭で考える日本の論点」)と、そうは変わらないんじゃないですかね。

そりゃまあ、出口さんの方がインテリっぽいですけどw。

 

 


題材として取り上げてるのは以下のような視点。

 

 

 

<社会>

日本の現状

格差化

高齢化

 


<仕事>

生産性の現状

「働き方改革」

 


<教育>

「遺伝」と「知能」

日本における「学校」の現状

「学歴」と「仕事」

 


<政治>

世界と日本の政治の状況

地方自治の危機

選挙の意義

 


<人間関係>

ネットと人間関係

日本における人間関係の辛さ

男女関係と格差

 

 

 

「すげぇ新鮮!」

って話はないんですけどね。

ただ「耳障りは良くない話」ばかりなのは確か。

ひと言で言えば、

「おっさんたち(じいさんたち)にまかしてて、ロクなことはなさそうよ」

って感じでしょうかw。(まとめすぎかも)

 

 


ぶっちゃけ、出口さんとかひろゆきさんとかの見方って「合理的」で「論理的」なんですよね。

にもかかわらず、そこで指摘されている課題の解決の方向に世の中が向かわないって言うのは、そこになんらかの「不都合」があるわけで。

 

 


もっともその「不都合」が、決してヒトの「あり方」に反したものであるってわけでもないとは思います。

じゃないと、それを支持する人もいないでしょうから。

そこら辺が「政治」の領域…とも言えます。

 

 


ただ、今の新型コロナはそこらへんの「不都合」をアカラサマにしちゃってるとこもありますかね。

ウイルスは「忖度」しませんから。

そういうタイミングだからこそ、ひろゆきさんの「声」を聞く人が増えているのかもしれません。

 

 


その結果、どう言う方向の世の中が動いていくのかは何とも言えません。

(個人的には「合理的」「論理的」な方向に動いて欲しいと思ってます。

今までの日本社会は、ちょっと逆に振れ過ぎている印象がありますので。

ファックスでの報告とか、その象徴みたいなもんでしょう)

でも「全て世は事もなし」って感じにはならないでしょうね。

 

 


さてさて…。

退屈しないし、テーマもいいと思うんですが、観終わって、なんかモヤモヤします:映画評「パブリック 図書館の奇跡」

懐かしのエミリオ・エステベス脚本・監督・主演作品。

共演がアレック・ボールドウィン、クリスチャン・スレイターで、

「いやぁ、皆さん、オッサンになりましたなぁ」w。

いちばんエミリオ・エステベスが若いかな。

f:id:aso4045:20210117163410j:image

 

 

大寒波が訪れるシンシナティ。

シェルターに入れないホームレスたちが公立図書館を占拠して…

 


という話。

エステベスは図書館員で、占拠になし崩し的に付き合わされちゃうんですが、実は「訳あり」の過去があって…って役柄です。

(むっちゃ真面目な映画なんで、「実は殺人マシーンでした」なんてことはありませんがw)

 


抑えた演出で、ときに「笑い」を挟みながら、ヒューマティックなテーマを追求しつつ、エンタメも忘れない。

ラストの「オチ」と、着地点の「リアリズム」が、この作品の誠実さのあらわれかもしれません。

 


…が、個人的にはもうちょいソレゾレの「ネタ」に決着をつけて欲しかった、ってモヤモヤが残っちゃいました。

一緒に観てた妻が、

「韓流ドラマだったら、怒涛の展開で、伏線回収しまくるんだけどね〜」

って言ってましたが、まあそんな感じw。(妻も「いい映画なんだけどね」とは言ってます)

クリスチャン・スレイターの役柄を、もっと「悪役」仕立てにして、そこでスッキリさせる…とかあったほうが良かったかも。

 


(あと、メインの女優二人の扱いが中途半端。

どっちか一人で良かったんじゃない?)

 


とは言え、「ウェルメイドな映画」とは思います。

観てて退屈は全然しませんからね。

志も高いし。

「怒りの葡萄」の下りは、グッときました。

予告編を見て、気になるなら、観ても損はしないと思います。

 


あ、でも「邦題」はアカンでしょう。

「奇跡」は起きませんからね。

いや、バズりたいわけじゃないんですが(むしろ避けたい):読書録「バズる書き方」

・バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる

著者:成毛眞

出版:SB新書(Kindle版)

f:id:aso4045:20210116134715j:image

 


僕のブログやnoteの閲覧はだいたい20名くらい。

ほぼほぼリアル知人+αって感じです。

 


僕としてはこれくらいがちょうど良くて、ときどき200名くらいに跳ね上がった時にはオドオドしちゃいます。(僕が書いたことで増えたわけじゃなくて、取り上げた題材(本や映画)に引っ張られて閲覧数が増えるだけなんですけど)

 


年明けて、突然「7500名」の閲覧回数が出てきたときには、

「え?なんかヤベエこと言っちゃった?」

とビビりまくってしまいました。

(年始に放映のあった「教場Ⅱ」の感想が閲覧されたんですけど。その後、特に「炎上」もしてませんので、内容的には問題なかったかと。

キムタク/ジャニーズ、恐るべし…ですわ)

 


そんな僕がなんでこんな本を読んだのかというと、

「成毛ファン」だから。

そろそろ執筆活動をひと段落させると表明されておられたので、新作を読んでみることにした…という流れです。

まあ、SNS時代の「見やすい文章」っていうのに興味があったってのもありますけどね。

バズんなくて良いんですけど、読む人が「見やすい」方がいいのは確かですから。

 


書かれてる内容は「なるほどね」って感じ。

ひと言で言えば「推敲を重ねる」ってことなんですが、「SNSフォーマットに合わせて推敲を重ねる」ってのがポイントですね。

個人的には「昭和」の文章術が身についちゃってるとこもあるので、「わかってるけど、改めて」って視点も少なくなかったです。

(漢字や内容の「閉じ開き」とか、改行・行間の考え方とか、いろいろね)

 


バズりを狙ってはいませんので、テーマとかの選定は特に今までと変えるつもりはありません。

でも文章やスタイルのほうは気をつけようと思うことがアレやコレや。

 


「全然、変わってないやん」

 


って言われるかもしれませんがw。

これまた、「今更」ですが…:ドラマ評「MIU404」

年始に「逃げ恥」のSPを観て、

「やっぱ、野木亜紀子さんの脚本は面白いなぁ」

と再確認。

ちょっと前に「アンナチュラル」でもそう思ったんですがw。

 


で、続いてこちらを。

放映時に妻と娘が熱中してたんですが、その時は乗り損ねちゃったんですよね〜。

(今回、パラピの無料期間中に見ました)

f:id:aso4045:20210116092136j:image

 

 

 

コロナ禍で撮影中止や放映スケジュールの見直しなんかもあって、なかなか受難な作品だったようですが、評判通り面白い。

「逃げ恥」のように「時事的」なテーマも盛り込みながら、「アンナチュラル」のように安易なハッピー展開に堕さず、苦味も残しつつ、それでも「エンタメ」にする。

やってくれますな〜。

 


ぶっちゃけ、最初の方は「逃げ恥」の<平匡さん>イメージが若干邪魔になったんですがw、中盤以降はしっかり「平匡/志摩」は<別人>になっておりましたw。

「役者」としての「星野源」の幅の広さを見せつける作品でもありますかね。

ちなみに「綾野剛」のチャラ男ぶりもお見事でした。(「楽園」とはまた…)

f:id:aso4045:20210116092201j:image

 

 

続編

あっても良いけど、やる必然性はないかなぁ。

そこんとこ、「逃げ恥」とはちょっと違う。

「ありうる展開」は最終回でシミュレーションしちゃってます。

テレ朝の刑事ものシリーズとはテイストも狙いも全然違いますからね。

 


ただ「アンナチュラル」とのコラボ(今回も一部あり)なんかは、もっと見てみたい気もするかな。

そこら辺、スペシャルでいかがでしょう?

 

 

 

<あとになって分かる。

何が失敗で、何が正解か。

毎日が選択の連続。

 


また、間違えるかもなぁ。

 


まあ、間違えても、ここからか>

 


「逃げ恥SP」と同じ時間軸を描いたドラマ。

1年後に振り返った時、この二つのドラマにどんな感想を持つのかな?

コロナ禍の中、家庭料理を見なおす:読書録「料理と利他」

・料理と利他

著者:土井善晴、中島岳志

出版:ミシマ社

f:id:aso4045:20210112114212j:image

 


料理研究家の土井善晴さんと、政治学者の中島岳志さんが、コロナ禍の6月と8月にオンライン対談したイベントを書籍化したもの。

妻が「面白そう」と買ったのを、僕も読ませてもらいました。

 


「土井善晴」さん、「土井勝」さんの息子さんなんですね。

テレビはじめ、色々なメディアに出てらっしゃって有名なそうなんですが(当然、妻は知ってました)、僕は全然知りませんでした。

土井勝さんはもちろん知ってるんですけどw。

 


対談の内容としては「コロナ禍」のなかで、人間と自然のあり方を考えなおす視点として、「家庭料理」や「民藝」を取り上げる…って感じでしょうか。

「家庭料理」といっても、「和食の」です。

レシピのような「設計図」をベースに料理を作り上げる(クリエイトする)西洋料理ではなくて、素材を大切にしながら、天気や気分を重視して、「ええ加減」に作る(時には食べる人が手を加える)和食のあり方を、哲学的に見なおすって感じです。(実際の「家庭料理」では西洋料理でもレシピありき…ではないようですが)

 


土井さんって(こういったら失礼かもしれませんが)すごく色んなことを勉強されてるんですね。

こういう感じで「料理」のことを言語化されるのに、ちょっと驚かされました。

 


個人的には、「料理をする」ということを重視するスタンスは、人によっては「呪い」のようになって「圧」を感じるんじゃないかなぁ、なんてことも考えちゃったんですが、妻の意見は、

「人によるんじゃない?」

少なくとも、自分で料理を用意する妻にとっては土井さんの意見は「楽になる」そうです。

まあ、「ええ加減」でいいし、疲れてたら「味噌汁だけで良い」っておっしゃってますしね。

あ、「だからもっと料理に関与しろ」って無言の圧力?w

 


新型コロナウイルス対策の中で飲食業が苦境に立たされるなかで、「食」のあり方も考えなおすことを求められているのかもしれません。

そういう流れの中で「家庭料理」ってのも考えなおされるのかなぁ。

その場合は「中食」の部分に揺り戻しが来る感じ?(もともと「外食」にはハレの面があるので)

その読みは僕にはできませんが、こういう考え方は面白いなと思いながら読ませてもらいました。

 


「混ぜる」と「和える」とか。

 


なるほどねぇ。