鈴麻呂日記

50代サラリーマンのつぶやき

シリーズ最終作?ちょっとキツ過ぎかな:映画評「ハングオーバー!!! 最後の反省会」

好きなシリーズなんですがね。
ちょっと「行き過ぎ」って感じかなぁ、個人的には。
キリンの首やら、殺しやら・・・。




「ハングオーバー!!! 最後の反省会」



作品としては「チャウ」を大フィーチャー。
チャウのファンなら無茶苦茶面白いだろうし、そうじゃないと、「シリーズとしては」って気分になるかもしれません。
僕はその中間くらいw。
チャウは楽しませてもらったけど、所々の過激さに鼻白むってとこでしょうか。
作品としては前2作で繰り返したパターンを大胆に逸脱した作りになってて、それはそれで楽しめたんですけどね。
ただ「バカ騒ぎ」って感じじゃなくなったのが残念ってとこです。
「シリアス」って訳じゃないですけど。



前作でちょっと残念だった、一作目に出演してた売春婦のその後があったり(幸せになってて良かった)、アランの「成長」があったり、ラストには「またもや」というオチが・・・等々、シリーズ最終作としての「お楽しみ」は満たしてくれているので、「不満」ってことはないですよ。
まあ、「大いなるマンネリ」で前2作と同じパターンを繰り返すって手もあったと思うけど、こういう方向で締めに入ったのは、それはそれで制作者サイドの志の高さとして評価してもいいんじゃないかと。



・・・とか言って、「パート4」があったりしてw。
「まさか」だけど、そこはハリウッドだからなぁ・・・。